HAYASHI-NO-KO

手前から大喰、中岳、南岳、北穂高、奥穂高、前穂高、西穂 槍ヶ岳からの南望

イヌビワ(犬枇杷)

2017-07-13 | 【独り言】

まだ果実の出来ていない頃、イヌビワの冬芽・葉痕を前にして
ネットの功罪を話し込んでいた。
その折に、かなり辛辣な意見を貰ったことがある。
植物に興味がある人が撮る花の写真は
綺麗な花の写真を撮っている人たちとは違った見方しか出来ない。
だから花の画像にいちゃもんつけたり、名前が違っているなどと言うのは烏滸がましい。
そう言うことだと合点した。

ネット情報の受け売り的な発言も慎まないといけない。
自分で確かめたこと以外は余り大きな声では言わない。
確かに今でも大事な意見を貰ったと思っている。


明石公園の雌花嚢















明石公園の雄花嚢



(2017.07.11 明石公園)


雄花の花嚢はここまで大きくなった。





雌花の花嚢はまだこの程度。



イヌビワ(犬枇杷)
 クワ科イチジク属 Ficus erecta
イヌビワはイチジク、
ビワはバラ科植物、花の仕組みは全く違う。
(2017.07.07 須磨離宮公園)
--------------------------------------------------------------
冬芽・葉痕 今年のイヌビワ イヌビワ・イヌビワコバチ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アオキ(青木) | トップ | 久し振りの刺蛾 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。