HAYASHI-NO-KO

双六岳北望 左から薬師岳、三俣蓮華岳、水晶岳(遠く立山)、鷲羽岳

キバナニワゼキショウ(黄花庭石菖)

2017-05-10 | 黄色 春

須磨離宮公園の薔薇はかなり知られている。
今年もそろそろ賑わいはじめるのだけれど
そこで思いがけず見つけたキバナニワゼキショウ。

今年は天候の関係から少し開花が遅れている。
この花もまだやっと咲きはじめ。


















キバナニワゼキショウ(黄花庭石菖)
 アヤメ科ニワゼキショウ属 Sisyrinchium exile E.P.Bicknell
全農教刊「日本帰化植物写真図鑑第2巻」に記載された。
同書では『最近の北アメリカの植物誌ではニワゼキショウ(Sisyrinchium rosulatum)
と同種とされている』の記述もある。
(2017.05.07 須磨離宮公園)


【再掲画像】同じ場所にニワゼキショウ、サイズはこの違い。
--------------------------------------------------------------
去年の黄花種 初めて撮った黄花種

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニワゼキショウ(庭石菖) | トップ | ムクノキ(椋木、椋の木、樸... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キバナニワゼキショウ (こいも)
2017-05-12 00:23:11
林の子さん
キバナニワゼキショウ・・・初めて見ました。
ニワゼキショウと比べると小さいのですね。
でも果実は大きくて不思議です。
芝生の中からこのお花を探すのは大変ですね。
見逃してしまいそうです。
とても素敵なので探してみたいと思うのですが
何処にでもあるものではないのでしょうか?
何処にあるのでしょう… (林の子)
2017-05-12 11:51:42
薔薇園で見つけた時には、鑑賞なさっている大勢の方たちとは違って、二人で芝生に肘付いて撮っていました。
ですから毎年春には同じ場所に出て来ます。
芝生なので高く伸び上がる必要はなく、せいぜい5㌢程度で花を付けています。
知っているから見つかる…程度の花なので、歩いていて他の場所で見つける自信はないですね。
毎月ここでやっている見どころ散歩のご常連から『そろそろ咲きますね…』と言われて喜んでいます。

コメントを投稿

黄色 春」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。