HAYASHI-NO-KO

前穂・奥穂 北穂から

シナマンサク(支那満作)

2017-04-19 | 樹木 果実・葉

葉が出始める頃も一つの楽しみになっている。
高木ではこうはいかないけれど
目線で撮ることの出来る木では、鮮やかな緑の葉が楽しみだ。







以下は、ここの表記で「アカバナマンサク」となっているもの。















(2017.04.16 須磨離宮公園)

ここには微妙に色違いの三種類が咲いていた。
表記はマンサクだけれど、シナマンサク或いはマンサクとの交配種…と感じたから
敢えて色別の必要も無かったけれど分けた。

そのマンサクの花は終わった。
葉が出始める頃がもう一つの楽しみになる。




花弁も萎れてまだ残っている。

萼片の中にめしべの柱頭が残っている。



時折、萼片の色が薄いモノも混じっている。







シナマンサク(支那満作)
マンサク科マンサク属 Hamamelis mollis
シナマンサクの基本は黄色種、園芸種のパリダ(Pallida)、クームウッド(Coombe Wood)も黄色が主体。

マンサク Hamamelis japonica
アカバナマンサク Hamamelis japonica var. obtusata f. incarnata
マンサクとシナマンサクの交配種 Hamamelis x intermedia
主なものに 橙色が目立つエレナ(Jelena)、橙色から赤の部分が目立つダイアン(Diane)
(2017.03.28 上ヶ池公園)

 
ここで咲いていた「マンサク」表示の花。
--------------------------------------------------------------
この場所の黄色  橙色  少し濃い橙色
アカバナマンサク・シナマンサクの冬芽 シナマンサク アカバナマンサク 森林のマンサク・シナマンサク

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベニバナトキワマンサク(紅... | トップ | フジ(藤) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。