HAYASHI-NO-KO

前穂・奥穂 北穂から

サクラ ヤエベニシダレ(八重紅枝垂)

2017-04-21 | 赤・桃色 春

須磨の枝垂れは二本共に八重。
たぶん今日来園された方は、その下で殆どが記念撮影なさっただろう。
まだ幾つも蕾が付いていた。


開花が少し早かった方の枝垂れ。



うしろはモミジ。
こちらも見頃、新緑に花の赤が映える頃。










咲き進むと少し白っぽくなってくる。






果柄に近い部分、萼筒基部がぷっくりと膨らんでいるのがエドヒガン系の特徴。





葉はまだ殆ど見当たらない。





蕾から開花直後の花色は濃い。















ヤエベニシダレ(八重紅枝垂)
バラ科サクラ属
Cerasus spachiana f. spachiana 'Yaebenishidare'(=Prunus pendula 'Plena Rosea')
シダレザクラ(枝垂桜) Cerasus spachiana f. spachiana(= Prunus pendula  Prunus itosakura)
ベニシダレ Cerasus pendula 'Rosea' Prunus pendula 'Rosea'
エドヒガン系の園芸品種、イトザクラの別名も持つ。
(2017.04.16 須磨離宮公園)


紅枝垂れ
--------------------------------------------------------------
ベニシダレ ヤエベニシダレ 須磨のシダレザクラ 不明の枝垂れ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨... | トップ | サクラ ソメイヨシノ(染井... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。