HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳南望

セイバンモロコシ(西蛮蜀黍)

2016-10-21 | 草 果実・種子

河川敷の猛威に比べるとかわいいものだ。
それでもあちこちに広がっているのを見ると、早く草刈りしないと…と思う。
ここではまだ穂が伸び始め
やっと花が咲き始めたものが多い。
































(2016.10.19 明石公園)

草刈りは途中で終わってしまったのだろう。
セイバンモロコシは林のようになってしまっている。
ゆうに2メートルはある。
河川敷の歩道も見えない。














セイバンモロコシ(西蛮蜀黍)
イネ科モロコシ属 Sorghum halepense(= S. halepense var. propinquum、S. propinquum)
有柄の小穂は雄性で芒はなく、無柄の小穂は両性で芒がある。
(2016.10.17 明石川)


一月前の出穂の頃

花が咲き始めていた。
--------------------------------------------------------------
今年のセイバンモロコシ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネズミノオ(鼠の尾) | トップ | カラスノゴマ(烏の胡麻)  »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。