HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

ハナハマセンブリ(花浜千振)

2017-08-20 | 赤・桃色 夏

果実の細い袋が裂けて種子がこぼれ落ちる。
こぼれ落ちる種子は風に飛ばされる事もあるだろう。
それでも草丈10㌢程度、そう遠くまでは運ばれない。
かくして次の年には周囲が桃色に染まることもある。








(2017.08.20 林崎町)

浜に咲くというよりは、砂礫地や貧栄養の場所に咲く。
小さな埃のような種子が風に飛ばされるから
同じ場所で群れて咲く。

そろそろ花弁も色褪せて、細長い子房部分まで茶色くなって来た。
そろそろ終章。




▲ 塵のような…の形容が当て嵌まる。
(2017.08.17 林)







▲ 真上からの画像でも塵のような種子がのぞいているのが見える。







▲ 幾つもの果実が割れ始めている。中には芥子粒より小さな種子が入っている。





▲ 果実が割れて芥子粒より小さな種子が零れている。
(2017.08.13 林)






































ハナハマセンブリ(花浜千振) 
リンドウ科シマセンブリ属
Centaurium tenuiflorum(=Centaurium pulchellum)
(2017.07.24 明石西公園)
-------------------------------------------------------------
今年のハナハマセンブリ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コニシキソウ(小錦草) | トップ | ヤブジラミ(藪虱) »

コメントを投稿

赤・桃色 夏」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。