HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

トキワサンザシ(常盤山査子)

2017-01-29 | 【独り言】

たわわに実っているから「ピラカンサスの実」…だそうだ。
学名はピラカンサ、ピラカンサスではない。
時には果実がいっぱい出来るからとか、
種類が幾つもあるから…ピラカンサスで良い…擬きの解説もある。

それが当たり前のように何時の頃からかピラカンサスも市民権を得てしまっている。
果実の付き方が豪勢な方が良いだろうと、交配種も登場してますます複雑怪奇。
まだ「ややこしいからみんなピラカンサ」と呼ばれている方がマシだ。










(2017.01.26 船上)










トキワサンザシ(常盤山査子) 
バラ科トキワサンザシ属 Pyracantha coccinea
ヒマラヤトキワサンザシ(ヒマラヤ常盤山査子) Pyracantha crenulata
 タチバナモドキ(橘擬き)Pyracantha angustifolia 

(2017.01.04 相生町)


タチバナモドキの葉は細く、全縁、毛が生えている。
--------------------------------------------------------------
ヒマラヤトキワサンザシ トキワサンザシ タチバナモドキ 去年の秋

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオツメクサ(大爪草) | トップ | センダン(栴檀) »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。