HAYASHI-NO-KO

穗高連峰 槍ヶ岳から

サクラ ササベザクラ(笹部桜)

2017-04-21 | 赤・桃色 春

水上勉の小説『櫻守』のモデルとなった桜博士・笹部新太郎氏の屋敷跡。
1981(昭和56)年に神戸市が公園として整備した岡本南公園。
「桜守公園」とも言われるそうだが、残念ながらそこに足を運んだことはない。

東灘・岡本には幾つもの足跡や記憶が残っている。
須磨には大きく育った笹部桜が二本。
その最盛期に撮ったのはたぶん二度目だろう。





















































中央付近の花弁は立つように付く













ササベザクラ(笹部桜) バラ科サクラ属 Prunus lannesiana 'Sasabe-zakura'
霞桜(カスミザクラ)とオオシマザクラ系のサトザクラとの交雑種とされているが
最近のDNA解析の結果から、ヤマザクラ×ソメイヨシノとの結果も確認されている。
(2017.04.16 須磨離宮公園)

【笹部桜】
「桜博士」と呼ばれた笹部新太郎が住んだ神戸市東灘区の旧居(現在は桜守公園)にあった。
神戸市が市の木に指定し、兵庫県が県の天然記念物に指定した。
原木は1997年に震災の影響で枯死したと言われている。
笹部氏は、水上勉の小説「櫻守」に登場する植木職人の親方のモデル。
--------------------------------------------------------------

四年前の須磨 今年のオオシマザクラ 枝垂れ(不詳)

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サクラ マメザクラ(豆桜) | トップ | ロニセラ・ニチダ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。