HAYASHI-NO-KO

手前から大喰、中岳、南岳、北穂高、奥穂高、前穂高、西穂 槍ヶ岳からの南望

ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)「エドワード・ゴーチャー」

2017-06-18 | 赤・桃色 夏

ハナツクバネウツギは交配種。
そこから幾つもの園芸種が作り出されている。
長ったらしい名前…だから、「アベリア」が通称になって久しい。
園芸種の前に、固有種・自生種があるのだろうけれど
そんなことなど関心を寄せる人は少数派だし、写真撮る時には不要だそうだ。

だからあれこれ言わずにアベリアで通すしかなくなっている。












ハナツクバネウツギの萼片は、通常は5枚、この姿から衝羽根。
園芸種「エドワード・ゴーチャー」の萼片は2枚が普通。






ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)スイカズラ科ツクバネウツギ属 Abelia x grandiflora
Abelia chinensis x Abelia uniflora
エドワード・ゴーチャー  Abelia  ’Edward Goucher’
(2017.06.09 明石西公園)

ハナツクバネウツギは交配種、Abelia chinensis(台湾衝羽根空木)x Abelia uniflora
ホープレイズ(Hopleys)の名前が付けられた斑入り葉種も出ている。

植物分類表ではAbeliaはエイブリアと読むのだそうだけれど
そんな面倒な事なども、園芸趣味の人には無関係なのだろうから
花の写真撮る人にはもっと無関係になる

--------------------------------------------------------------
ハナツクバネウツギ エドワード・ゴーチャー

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホソムギ(細麦) ネズミムギ... | トップ | コエンドロ(コリアンダー) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。