HAYASHI-NO-KO

裏劔

ハクモクレン(白木蓮)

2017-04-06 | 春 白色

咲いたと思う間もなく、花弁が樹下に広がる。
おまけに鵯が花弁をつついている。
蕾の頃に齧られたモノが幾つも残っている。


辛夷と白木蓮の区別がつかない人が多い。

同じ時期に咲く白い大きな花だけれど、見た目で区別出来る。

花びらと萼片が区別しにくいから、
萼に当たる部分を外花被片、花びらの部分を内花被片と言う…などと
難しい事を覚えるから解らなくなる。

開かないのが木蓮、開くのが辛夷…でも覚えられる。

開花直後に葉が付かないのが木蓮、葉が一枚ついているのが辛夷。















(2017.04.02 明石西公園)


最後の芽鱗が外れて二ヶ月経った。










ハクモクレン(白木蓮)
 モクレン科モクレン属 Magnolia heptapeta(=Magnolia denudata)
(2017.04.01 須磨離宮公園)


--------------------------------------------------------------
ハクモクレンの冬芽 シモクレン コブシ 冬芽・葉痕2015

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒメウズ(姫烏頭) | トップ | ハーデンベルギア・ビオラセア »

コメントを投稿

春 白色」カテゴリの最新記事