HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

トサミズキ(土佐水木)

2017-03-15 | 黄色 春

枯れた去年の果実の殻と、冬芽を撮った数日後
花穂が少しだけ伸び始めているトサミズキを撮る。
近くのサンシュユもそろそろ開花の様子。

こういう場所に出会うと、花が咲き始めて忙しくなります…の言葉が聞こえてくる。
忙しくなって何が困るのだろう。
カメラ構えて撮るだけの事だし、忙しければ撮るのを止せば良い。
トサミズキも撮りにくい花だけれど、探せば蕾も咲き始めも枝にある。
ぶらりと垂れ下がった花も良いのだろうが、この咲き始めも良いモノだ。
構図がどうの、光がどうのと言っている間に春は過ぎて行く。


花芽が膨らんでやっと出て来たばかりの花穂、まだ垂れ下がっていない。





おしべの葯が割れて花粉が飛び出し始めた。

一番咲き進んでいた花穂、真横からだと様になるのだろうけれど
こういう撮り方だとおしべが汚く見えてしまう。



(2017.03.12  鳥羽)


意外と撮っていない。
冬枯れのトサミズキには、種子を零した果実の殻が残っている。
それを枯れの美…と言う人もいる。
美と感じるのも醜悪と感じるのも、何につけても人の感性はそれぞれ

私?、冬芽を撮りたくて撮っている。








トサミズキ(土佐水木)
マンサク科トサミズキ属 Corylopsis spicata
(2017.03.04  須磨離宮公園)
--------------------------------------------------------------
トサミズキ・ヒュウガミズキ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユキワリイチゲ(雪割一華) | トップ | スイセン ラッパズイセン(... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トサミズキ…素敵ですね。。。 (こいも)
2017-03-19 11:24:48
林の子さん 
とんちゃんのところから飛んで・・・
ずーっと拝見させていただいております。
どれもこれも素敵な画像でこんな素敵な捉え方があるんだ~
そう思って勉強させていただいております。
トサミズキ…銀色に輝くほわほわの毛って
こんなにも美しいのですね。
少し前になりますが梅と杏の違いを教えていただきありがとうございました。
遅れてしまいましたが心よりお礼申し上げます。
これからも楽しみに拝見いさせていただきます。
よろしくお願い致します(´▽`*)


いつもありがとうございます。 (林の子)
2017-03-19 11:49:41
お名前はもう何年も昔から存じ上げておりますがご挨拶はしておりませんでしたね。
とんちゃんとは、関東時代からですから10年になるでしょうか。
多くの方々に親しまれているようですし、ご自身のペースで植物に関心をお寄せになっていらっしゃるので、お優しい雰囲気が画像にも滲んでいて好きです。
私は大昔に写真をやっていた事もあって、退職後の外の趣味に「植物画像」を選択しましたから、どちらかと言えばきれいな画像が苦手です。
それでも雑草や樹木などは、作り物ではない良さがあると思って撮り続けています。
木々の冬芽・葉痕から芽生えは、花を咲かせる前のしばらくの美しさ…と思っています。
春になると撮るものが次々で忙しい…と思ったことも無いほどなので、たぶんいつもの年と変わりなく撮り続けているでしょうが、こちらこそよろしくお願いいたします。
トサミズキ (とんちゃん)
2017-03-19 13:29:59
TBありがとうございました
このページを見ていたときにこのように撮りたいと思っていたのでした。
花弁の縁取り 銀狐みたいに銀色に撮れたらいいのにと♪
無理でもともとですがちょっとでも近づけられたらと努力は重ねていきたいと思っています
こいもちゃんのコメントを見てびっくりでした。
こいもちゃんと同じ感想
銀色のほわほわ!これはもう心を動かされてどうしようもないことでしょう
咲く前からすでになにかを持ってることもあらためて認識している次第です。
開花直後… (林の子)
2017-03-19 22:27:44
そのようですね。
寒い時期に少しだけ我慢して冬芽を撮り始めたのは、開花前の姿や開花直後の姿が思いがけないほどに鮮烈だったからです。
咲いてしまったものを追いかけるよりも、咲くまでの時間を充分にかけている植物を見ている方がおもしろい…と感じました。
ですから、一時期花の名前に拘っていたことが馬鹿らしくなってきました。
所詮人が勝手に付けた名前、一つ一つを正しく言い当たることよりも、植物そのものをじっくりと見ている方がおもしろいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。