HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

ダキバアレチハナガサ(抱き葉荒れ地花笠)

2017-07-08 | 紫色 夏

葉が茎を抱いている…と表現されている。
実際には対生する葉の基部が殆ど接しているので、
茎を抱いているように見える…と言うこと。







葉の付き方が違っているからこれはアレチハナガサ。



葉柄が無く葉は茎を抱き込む形になっていることからダキバ、抱き葉。







葉の基部が合着しているのでは無く、茎を抱くように対生。

ダキバアレチハナガサ(抱き葉荒れ地花笠)
 クマツヅラ科クマツヅラ属 Verbena incompta
ツキヌキニンドウの葉は、対生している葉が合着しているので、茎を抱くという表現にはならない。
(2017.07.03 明石川)


アレチハナガサの葉は、不明瞭だが葉柄がある。
--------------------------------------------------------------
ダキバアレチハナガサ アレチハナガサ ヤナギハナガサ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイコンソウ(大根草) | トップ | オクナ・セルラータ »

コメントを投稿

紫色 夏」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。