HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ノハラムラサキ(野原紫)

2017-04-25 | 青色 春

この花が群れている場所は三ヵ所ある。
ここの雑草畑はまだ群れている事にはならない。
その内、一面に広がるだろうか。

他の雑草とは区別されているから、まずその懸念は無い。


二つに分かれ始めた花穂。





もうしばらくすれば、花穂は左右に分かれて伸び上がる筈だ。






開花初期はハナイバナのように葉に守られている姿。







キュウリグサ同様、サソリ状花序。
咲き進むにつれて花序は上に伸び上がってゆく有限花序。






先端部分で花序は2分され、各々が伸び上がってゆく。





ノハラムラサキ(野原紫)
ムラサキ科ワスレナグサ属 Myosotis arvensis
(2017.04.19 林)
--------------------------------------------------------------
今年のノハラムラサキ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノボロギク(野襤褸菊) | トップ | ノゲシ(野芥子) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。