HAYASHI-NO-KO

前穂・奥穂 北穂から

キヌイトツメクサ(絹糸爪草)

2017-04-20 | 白色 春

いつも広がるムラサキサギゴケ二種を撮っていた。
その場所にこのツメクサ。
たぶんここで撮るのは初めて…だろう。


ムラサキサギゴケの広がる場所に点々と咲いている。



ムシクサより、花も葉も小さいし、茎は細い。







花弁、萼片5枚。

おしべ10個、めしべ1個、花柱は5裂。
萼片は普通5枚だが、これは6枚。










キヌイトツメクサ(絹糸爪草)
 ナデシコ科ツメクサ属 Sagina decumbens ssp. decumbens
(2017.04.16 須磨離宮公園)
--------------------------------------------------------------
キヌイトツメクサ アライトツメクサ  ツメクサ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キバナスズシロ(黄花蘿蔔) | トップ | カンサイタンポポ(関西蒲公英) »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひょろりと立っていますか? (なずな)
2017-04-21 10:02:16
こんにちは。
キヌイトツメクサって、ひょろりと立ち上がっている弱々しそうな
ツメクサですか?見たことが、あるような気がします。
そのとおりです。 (林の子)
2017-04-21 10:41:31
草むらだとそうですね。
単独で生えている事は珍しいでしょうから、たいてい他の草と競ってヒョロリと立ち上がっています。
恐らくはどこかでご覧になっていらっしゃるでしょう。
乾燥した場所だと殆ど立ち上がらないアライトツメクサでしょうが、他の場所ではこのツメクサでしょうね。
ツメクサより花は小さいですが、ソックリ同じ花です。
ツメクサの世界 (こいも)
2017-04-24 18:23:42
林の子さん
ツメクサの世界・・・すごいですね。
たぶん見たことはないお花かと思います。
ムラサキサギゴケがあったらそこにあるかも知れないのですね。
とても小さいのにとても美しいです。
他のツメクサも見させていただきました~
別世界が広がりました。。。
小さなお花…大好きです。
アライトツメクサのお花から種まで・・・感動です。
どうしたらこんなに綺麗に撮れるのでしょう~~~


たまたま一緒。 (林の子)
2017-04-24 20:25:49
たまたまここではムラサキサギゴケが一緒だっただけですが、繁殖する場所はたぶん湿気がある場所。
以前撮ったのも田んぼの畦道でした。
アライトツメクサの方は乾燥している場所でも平気で広がれるようです。
ツメクサのように花弁がないのでおもしろくはないかも知れませんが。

きれいに撮れる…、もともと雑草を撮ることが好きだったので、レンズ交換など必要なく12倍ズーム機能のカメラを中古で購入し、前に一枚クローズアップレンズをつけています。
自分が撮りたい小さな花ではそれが一番馴染むようです。
カメラ任せのオートフォーカスでは無理ですから、ピント合わせはマニュアル、撮りたい部分をしっかりあたりをつけてシャッターを切ります。
オートだとシャッター切るタイミングで、一段ピント合わせの時間が入ってしまうのでやりにくいです。
大昔写真をやっていた頃の勘がこの10年で戻って来たようで、おもしろいです。
失敗画像が多いほど、上手く撮れたときの喜びは大きいモノです。
ありがとうございます (こいも)
2017-04-24 22:29:43
林の子さん
ご親切にご丁寧にありがとうございます。
全てが自己流ですので教えていただきとても嬉しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。