HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ホソムギ(細麦)

2017-06-27 | 草 果実・種子

ホソムギとネズミムギ。
芒の有無だけが決め手になるとは思っていないけれど
それ以上の目視で区別出来る部分は無いのだろうか…と考える。
小花の数が多ければネズミムギ、そう解説されているページもある。

区別が難しい…だから、止めた、そう言う事だけは止そうと思っている。
そう思いながらでも細々と続けていると見えてくる、かも知れない。
ただ自然交雑、人為的に交配したものも広がっている…と書かれると
細かな分類の意味或いは意義を考えてしまう。
だから今まで通り単純に芒の有無…と自分の基準を決めてしまう。








(2017.06.26 林)






















ホソムギ(細麦)
 イネ科ドクムギ属 Lolium perenne
(2017.06.12 松江)
小花の数が多く、芒があればネズミムギ。
小花の数が少なく、芒がないか、あっても短ければホソムギ
小花が少ないが芒があるものは両者の交雑種でホソネズミムギ(ネズミホソムギ)。
そう解説されているのだが、育つ環境で花数は違って来るかも知れない。
--------------------------------------------------------------
ボウムギ ネズミムギ ホソムギ イヌムギ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨウシュヤマゴボウ(洋種山... | トップ | ヤナギトウワタ(柳唐綿) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。