HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ハンゲショウ(半夏生)

2017-07-01 | 草 果実・種子

天気予報は曇りところにより雨。
朝から晴れ間、午後には突然夏の気温。
予報は外れるものだし当てにはしていないけれど、約束ごとのあるときは別だ。
暑さの中でも見どころ散歩は予定通り歩いた。

晴れていたから午前中のハンゲショウを撮っておいた。














花穂全体に細かな毛、花の一つ一つの花柄にも細かな毛。

おしべ6個、めしべ1個、柱頭は3~5裂、花茎と同じ白なのでわかりにくいが苞葉がある。
果実が出来る頃には緑色になっている。




めしべの柱頭は3~5裂と一定していない。画像には6裂?も見える。

花期の終わりには、白だった部分は緑に戻り始めるけれど、元の緑には戻らない。
花穂も白から緑になってゆく。

花粉を出し終えたおしべの葯は茶色、果柄は花序柄の方に曲がっている。
(2017.07.01 須磨離宮公園)


日陰になってしまっていたから撮り直しだ。


















(2017.06.19 須磨離宮公園)

西宮では半夏生が育つ池にデンジソウが育っていた。
二年前の事だ。

須磨の半夏生はまだこの色。






ハンゲショウ(半夏生)
 ドクダミ科 Saururus chinensis
(2017.06.03 須磨離宮公園)


去年の須磨。

デンジソウも浮かぶ池。
--------------------------------------------------------------
今年のハンゲショウ 「半夏」の頃 カラスビシャク

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミゾカクシ(溝隠 アゼムシロ... | トップ | マサキ(柾木) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。