HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

カラスムギ(烏麦)

2017-05-26 | 草 果実・種子

果期のカラスムギ

























カラスムギ(烏麦)
イネ科カラスムギ属 Avena fatua
(2017.05.18 林崎町)


花期のカラスムギ
--------------------------------------------------------------
今年のカラスムギ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオキンケイギク 或いは交雑種 | トップ | カモジグサ(髢草) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カラスムギ (とんちゃん)
2017-05-26 14:52:57
やっと名前を知ることができました。
この前土手でいいなと眺めていたのがこれです!
もうほとんど刈られていましたがわずかに残っていた姿を撮っておきました。
イネ科の色々をこちらで見るたびに真似してみたいと思ってはいるものの・・・
どれも似たようで違うようでさっぱり・・・そこからどうしても進まずに足踏み状態
分かりそうなものを少しずつ見ていくことにします
カラスムギは花のときもその後も枯れても花瓶に挿しておくのに摘みたいって感じました。
一番の大所帯。 (林の子)
2017-05-26 16:21:19
そう問われると、キク科の仲間…と答えるのですが、知っている花の数が確かに多いからでしょうね。
キク科の何々に似ています…などと、平然と話をされると花壇の花数の多さを思い浮かべてなるほどと思います。
それに比べてイネ科植物は、花も咲かせないから見栄えもせず、カメラの被写体にもならず…。
何処にでも勝手に出て来る雑草の殆どがそうなので、調べる楽しみがあるだけですね。
調べる楽しみ、などと言うより調べるのが嫌になる…と言う方が当たっているでしょうか。
私もまだまだ深入り出来ないでいますが、大船植物園の元園長とのお約束で、理解出来る範囲で追いかけたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。