HAYASHI-NO-KO

双六岳北望 左から薬師岳、三俣蓮華岳、水晶岳(遠く立山)、鷲羽岳

サクラ ジュウガツザクラ(十月桜)

2017-02-16 | 赤・桃色 冬

須磨の十月桜は一旦咲くのを止めた。
ここ若宮神社の幼木は暮れから花をつけて
細々とだけれどまだ花を咲かせている。








(2017.02.12 林)

さすがに寒さが何日か続き、梅が開くのを躊躇している。
十月桜も一旦咲くのを止めたようだ。
これを冬芽と呼んで良いのか迷うけれど
幾つかの新しい芽が上がっている。










(2017.01.28 須磨離宮公園)

一月前の須磨ではモミジがまだ残っていた中で
このジュウガツザクラも豪勢に花を咲かせていた。
一月になって、ここでは幼木が精一杯花を咲かせている。

まだまだ咲き続けそうで、蕾からめしべがのぞいている。






















ジュウガツザクラ(十月桜) 
Cerasus subhirtella 'Autumnalis'
(=
Prunus subhirtella f. autumnalis)

エドヒガンとマメザクラの交配種コヒガンザクラ(小彼岸桜/Cerasus subhirtella)
の園芸品種とされている。
(2017.01.04 林)


一月前の須磨離宮公園
-----------------------------------------------------------
今年のジュウガツザクラ シキザクラ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラタネオガタマ(唐種招霊) | トップ | オヤブジラミ(雄藪虱) »

コメントを投稿

赤・桃色 冬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。