HAYASHI-NO-KO

劔岳 早月尾根分岐からの南望

トウワタ(唐綿)

2017-07-12 | 橙色 夏

花壇に植えられている事も見るけれど
殆ど野生化している。
花弁は橙色、副花冠は黄橙色。
この種類を普通にトウワタと呼んでいる。
花弁も副花冠も黄橙色のものは
園芸種名「シルキー・ゴールド(Silky Gold)」
だそうだけれどこちらも同じように野生化している。






(2017.07.09 北王子町)






トウワタ(唐綿) キョウチクトウ(←ガガイモ)科トウワタ属 Asclepias curassavica
























キバナトウワタ(黄花唐綿)
Asclepias curassavica f. flaviflora
 (2017.07.02 林)


トウワタの種髪
分類体系の違いだからカガイモ科が間違いと言うことでは無い。
ただ従来からの用語では、種子についているものは「綿毛」ではなく「種髪」と呼ばれている。

「花弁」と「萼片」を区別する人であれば、この区別も必要だ。
--------------------------------------------------------------
トウワタ  ヤナギトウワタ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トウネズミモチ(唐鼠黐) | トップ | コレオプシス・ »

コメントを投稿

橙色 夏」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。