HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの伯耆富士・大山

コニシキソウ(小錦草)

2016-10-13 | 草 果実・種子

結論は出ないまま、今年は終わりそうだ。
葉に斑紋があるのがコニシキソウ、葉が小さいのがコニシキソウ…
そうは簡単にいかなくなりつつあるのだろうか。
それとも勝手に事をややこしくしているのか。

いずれにしても野辺の雑草は変幻自在に生きているのだと思う。


葉に斑紋、茎は赤紫色で細かな伏した毛が生え、果実全体に短い毛。
典型的なコニシキソウ。



これはどうだろう。葉に斑紋がない以外は、コニシキソウ…と見える。





先端部の葉に斑紋は見えないけれど…。

コニシキソウ(小錦草)
  トウダイグサ科ニシキソウ属 Chamaesyce maculata
(2016.10.08 南王子町)


これは付属体が赤く、アレチニシキソウと区別しているもの。
今、一番の広がりになっており、かなり立ち上がるように茂っているのが目立つ。
--------------------------------------------------------------
コニシキソウ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コミカンソウ(小蜜柑草) | トップ | クルマバザクロソウ(車葉石... »

コメントを投稿

草 果実・種子」カテゴリの最新記事