HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ナツグミ(夏茱萸) トウグミ(唐茱萸)

2017-05-31 | 白色 春

これはナワシログミの葉だろうか…。
やはりナツグミの葉、とするのが妥当だと感じる。
ところでここでは花を撮っていないし、果実も食べていない。










(2017.05.22 須磨離宮公園)




葉表にこんな鱗状毛があっただろうか。
葉裏、葉表ともに鱗状毛があるのはナツグミ(夏茱萸)


(2017.05.06 須磨離宮公園)

花の時期、果実の姿などでおおよそは区別が付くのだろうけれど
一番悩ましいのがトウグミとナツグミ。











何度か確認した。
幾つかの場所のグミで確認した。
それでもまだ判然とはしていない。














葉表↑ 葉裏↓ ともに鱗状毛。
そう見えるのだけれど、星状毛の一部が脱落したようにも見えてしまう。


ナツグミ(夏茱萸) 
グミ科グミ属 Elaeagnus multiflora(=Elaeagnus multiflora var. oribiculata)








葉表↑ は星状毛

葉表↑は星状毛  葉裏↓は鱗状毛

トウグミ(唐茱萸)
 
Elaeagnus multiflora var. hortensis
(2017.05.01 明石公園)

私見だが、葉はナツグミは大きくトウグミは小さく見える。
併せて花(果)柄も、ナツグミの方がトウグミよりも長いように見える。

--------------------------------------------------------------
トウグミ ナツグミ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナワシログミ(苗代茱萸) | トップ | ナガバギシギシ(長葉羊蹄) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。