HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ツタバウンラン(蔦葉海蘭)

2017-05-03 | 紫色 春

石垣に出て来る幾つもの植物は、放っておくと石垣の中まで根を下ろして…
それでも根こそぎは採りきれるわけもなく、伸びた枝だけが伐られる。
だから瘤のようになった所から又、新しい枝が伸びる。
その点、草は刈り取られること無く残っている事も多い。

ツタバウンランは毎年この場所に出て来る。






(2017.05.01 明石公園)

正門への道すがらにも、東門への途中にも
須磨はなだらかな坂道を辿ることになる。
古くからの家屋は石垣の上に建てられているから
その間や、側溝にまでツタバウンランは広がっている。
やはり絶えず湿気が残っているのだろう。










(2017.04.16 月見山町)

石垣の間に出て来る。

明石公園の南帯廓の石垣にも出て来る。
降った雨が滲み出てくるような場所で広がっている。












ツタバウンラン(蔦葉海蘭) オオバコ(←ゴマノハグサ)科ツタバウンラン属 Cymbararia muralis
(2017.03.28 上ヶ池公園)
-------------------------------------------------------------

去年のツタバウンラン 須磨のツタバウンラン

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウサギアオイ(兎葵) | トップ | タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。