HAYASHI-NO-KO

穗高連峰 槍ヶ岳から

ホソバノチチコグサモドキ(細葉の父子草擬き タチチチコグサ)

2017-05-25 | 茶色

見慣れると小さな花も見つかる。
普段は気にならないものも見つかる。
探し回っていても見つからないものもある。










(2017.05.18 明石西公園)

草むらになり始めたので抜いた。
抜く前にもう一度撮っておいた。


二年目のノハラムラサキは至る所に咲いている。
この草は次の春にはどうなるだろう。



(2017.05.11 林)

元々あった雑草畑に一株出ていたので残してある。
アライトツメクサもそのままになっている。
観察…と言うほど大仰ではなく、どこかに違いがあるかと見ている。






















ホソバノチチコグサモドキ
(細葉の父子草擬き タチチチコグサ)キク科ウスベニチチコグサ属
Gamochaeta calviceps(=Gnaphalium calviceps)
(2017.04.27 林)


タチチチコグサ(ホソバノチチコグサモドキ)は二年前に確認している
--------------------------------------------------------------
ホソバノチチコグサモドキ チチコグサモドキ チチコグサ ウラジロチチコグサ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイカウツギ(梅花空木) | トップ | スズメノエンドウ(雀野豌豆) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。