HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの伯耆富士・大山

ホソバノチチコグサモドキ(細葉の父子草擬き タチチチコグサ)

2017-05-30 | 茶色

見慣れると小さな花も見つかる。
普段は気にならないものも見つかる。
探し回っていても見つからないものもある。












(2017.05.18 明石西公園)

草むらになり始めたので抜いた。
抜く前にもう一度撮っておいた。


二年目のノハラムラサキは至る所に咲いている。
この草は次の春にはどうなるだろう。



(2017.05.11 林)

元々あった雑草畑に一株出ていたので残してある。
アライトツメクサもそのままになっている。
観察…と言うほど大仰ではなく、どこかに違いがあるかと見ている。






















ホソバノチチコグサモドキ
(細葉の父子草擬き タチチチコグサ)キク科ウスベニチチコグサ属
Gamochaeta calviceps(=Gnaphalium calviceps)
(2017.04.27 林)


タチチチコグサ(ホソバノチチコグサモドキ)は二年前に確認している
--------------------------------------------------------------
ホソバノチチコグサモドキ チチコグサモドキ チチコグサ ウラジロチチコグサ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノハラムラサキ(野原紫) | トップ | コモチナデシコ(子持撫子) »

コメントを投稿

茶色」カテゴリの最新記事