HAYASHI-NO-KO

立山別山からの劔岳

アメリカザイフリボク(亜米利加采振木)

2017-04-07 | 【独り言】

ここが県立公園時代は何人かのボランティアの方々が花壇の手入れをなさっていた。
確かに花壇だからどうでも良いような季節の花も多かった。
それでも栽培する事、花が咲いてきれいですね…と言われるのが楽しみだ…と
暑い時期でもしっかりと草抜きをされていたし、花殻摘みもなさっていた。
今は荒れ放題だから、昔日の面影は無い。

それでも樹木だけは当時のままに同じ場所で花を付け育っている。
だからのんびりと四季折々を撮る。
時折、いろいろ説明なさるお節介な解説者に出会す事を除けば…。












(2017.04.02 明石西公園)

気障にジューンベリーですね…と言われると、
アメリカザイフリボクと言う名を知らないのだろうと、舌打ちしたくなる。
おまけに、桜と同じバラ科ですから、花が似ています…などと
ブログ上でも同じだけど、どうでもよい説明をする人に出会すと、
撮っているのは冬芽なのだから…と、写真を撮るモチベーションも落ちてしまう。




































アメリカザイフリボク(亜米利加采振木)
 
バラ科ザイフリボク属 Amelanchier canadensis
(2017.02.15 明石西公園)

 
花と果実
--------------------------------------------------------------
アメリカザイフリボクの花 冬芽 果実 ザイフリボクの冬芽

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アライトツメクサ(荒糸爪草) | トップ | 公園のゴイサギの幼鳥 »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。