HAYASHI-NO-KO

双六岳北望 左から薬師岳、三俣蓮華岳、水晶岳(遠く立山)、鷲羽岳

不明の花→ゲンカイミミナグサ(玄海耳菜草)

2017-05-29 | 番外編 植物

至る所に…と言うのは大袈裟だけれど
かなりミミナグサが咲いていたようだ。
次の春には必ず…と、今は思っている。
















(2017.05.19 森林植物園)

雑草畑の外にもう一つ咲いた。
と言う事は、去年の種子が幾つか散らばったと言う事。


(2017.05.18 林)




このようにして今年も種子は零れた。
次の春にもまたここで花を咲かせるだろう。

(2017.05.17 林)













二年前に採取した。

ミミナグサだと思い込んでいたのだけれど
余りにも葉が立派すぎたし
何よりも花が大きかったから、園芸種だろう…とした。
それでもそのままになって今年は一つも咲かなかったから忘れていた。

と言うよりも、雑草畑にはシロバナヒメオドリコソウが咲き続けたし
コゴメイヌノフグリも増え続け、ノハラムラサキも広がった。
だから不明の花どころではなかった。

零れた種子からだろう、今日一つだけ雑草畑の下で咲いていた。




ゲンカイミミナグサ(玄海耳菜草)ナデシコ科ミミナグサ属 Cerastium fischerianum var. molle
オオバナノミミナグサの変種
今年、暫定的にゲンカイミミナグサかも知れない…としておく。
(2017.04.29 林)


去年咲いていた頃
-------------------------------------------------------------
去年撮ったミミナグサ 二年前のこの花

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヌツゲ(犬黄楊) | トップ | キキョウソウ (桔梗草) »

コメントを投稿

番外編 植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。