HAYASHI-NO-KO

劔岳 早月尾根分岐からの南望

ハナイカダ(花筏)

2017-03-07 | 冬芽・葉痕

名前にも惹かれるそうだ。
花とは思えない姿の花が咲く。
だからその奇妙な花姿にも惹かれるそうだ。










ハナイカダ(花筏) ハナイカダ(←ミズキ)科ハナイカダ属 Helwingia japonica
(2017.02.28 京都)

葉の上に花が咲き、果実が出来ているように見えるのだが
実体は葉の基部から出る花茎が、葉の主脈に合着している。
葉の主脈基部から花(果実)の付いているところまでは、主脈が太く、葉脈とは違った色に見える。
      



ハナイカダの果実雄花
--------------------------------------------------------------
去年のハナイカダ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノニレ(野楡) | トップ | ハンノキ(榛の木) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主脈と葉脈 (こいも)
2017-07-08 00:43:01
林の子さん
ハナイカダのこと・・・
詳細がとても良くわかりました。
と~っても嬉しい日になりました。
本当にありがとうございました・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・
画像からの推論は (林の子)
2017-07-08 11:43:00
時に、自分の画像だけからの推論は「我田引水」になったりして危険なのですが、こいもサンの画像からの推論なので、考えていた事の実証が出来た…と喜んでおります。
ひとつ事が前に進むと、次の事も下地が出来て進める…と思っているので、自分勝手な言い分だけでは通らないな、そう思うことの方が良い方向に進める気がします。
こちらこそありがとうございます。

コメントを投稿

冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。