HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの伯耆富士・大山

ミゾソバ(溝蕎麦)

2016-10-23 | 秋 白色

薄桃色よりこの白が先になった。
明石川では普通に見られたミゾソバだけれど
近年は時折の豪雨で流れが何度も変わり、その都度土砂だまりが削られて
いつの間にかミゾソバが育っていた場所も浅瀬もなくなってしまっている。

土砂だまりは雨が続くと直ぐに消える。
嘉永橋の下に僅かに咲いていたのは白。


近くには久し振りに見たウシハコベ、橋脚から少し離れた場所でしか撮れない。









蕾の折には先端部分は薄桃色のものも多い。







ミゾソバ(溝蕎麦)
 タデ科イヌタデ属 Persicaria thunbergii
(=Persicaria thunbergii var. stolonifera 、=Polygonum thunbergii 、=Polygonum thunbergii var. hastatotrilobum)

(2016.10.18 明石川)
-------------------------------------------------------------
薄桃色 白に近い薄桃色 剛ノ池の北

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウシハコベ(牛繁縷) | トップ | メナモミ(豨薟、雌菜揉) »

コメントを投稿

秋 白色」カテゴリの最新記事