HAYASHI-NO-KO

手前から大喰、中岳、南岳、北穂高、奥穂高、前穂高、西穂 槍ヶ岳からの南望

ナンキンハゼ(南京黄櫨)

2017-07-11 | 樹木 果実・葉

ナンキンハゼの花の展開は単純では無い。
雄花序の下に雌花が控えている樹と
雄花序が咲き終わって、その後に雌花序が伸びて来る樹がある。
今日撮った樹は、雄花序の展開が終わって花が茶色くなってから
雌花序が伸びて来た事がわかる樹。














(2017.07.09 林崎町)

葉の展開から少し経って雄花序が目立ちはじめた。
雌雄同株、雄花序の直ぐ下に雌花が咲く。


雄花序の下に雌花が控えている樹、雌花は少ない。

















ナンキンハゼ(南京黄櫨)
 トウダイグサ科ナンキンハゼ(←シラキ)属
Triadica sebifera(=Sapium sebiferum、Stillingia sebifrra)
(2017.06.28 明石西公園)


冬芽


雄花が終わってから、雌花序が伸びて来る樹


雄花が終わってから、雌花序が伸びて来る樹 雄花序の下に雌花が付いている樹


紅葉
--------------------------------------------------------------
  秋の葉  冬の木

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハナハマセンブリ(花浜千振) | トップ | セッカニワゼキショウ(雪花... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。