HAYASHI-NO-KO

穗高連峰 槍ヶ岳から

ヒメウズ(姫烏頭)

2017-04-05 | 白色 春

日本庭園の芝地に入る小さな石橋。
その下にヒメウズ。
こんな場所がお気に入りなのだろう。

風も通り抜けないから、撮りやすい。














(2017.04.03 須磨離宮公園)

石垣に絡まっていた草木はきれいになった。
きれいになったのは石垣だけで、その下には整理された枝が散乱している。
お陰で?やっと芽生えた筈の草は、すっかりその下に埋もれている。
しばらくすれば片付けられるのだろう。
しばらくすれば草も伸び始めるのだろう。

あれこれ言うまい。




『キンポウゲ科ですから、花弁は無く目立つのは萼片です』
『オダマキに似ていますが、ヒメウズ属として別のグループです』
調べて解る事も幾つかあるのだから、くどい説明は要らないし、やるなら正しくして欲しい。


外側の目立つ白は萼片、中にある薄い黄色が花弁。
キンポウゲ科で括る必要も無い。




しっかりとおしべ、めしべも備わっている。
小さくて下向きに咲く事が多いから見えにくいだけだ。

花弁の基部に目立たない距がある。
これを以て「オダマキに似ている」と説明される。


めしべの先端は3~4裂、果実も3~4個が普通。







日射しがあると萼片は平開する事も多いが、花弁が平開する事は殆ど見ない。





萼片5枚、花弁5枚、花弁基部に目立たない距があり、萼片から飛び出している。

茎葉は少なく、花柄が長いので花だけが目立つ。
それでも細い茎の上では風に揺れ揺れて撮りにくい。

果実は早い時期に出来る。
ヒメウズ(姫烏頭)
 
キンポウゲ科ヒメウズ属 Semiaquilegia adoxoides
ウズ(烏頭)はトリカブトのことだが、科も属も異なる。
オダマキ属Aquilegia でなくヒメウズ属Semiaquilegi として分類されている。
(2017.03.18 明石公園)
--------------------------------------------------------------
今年のヒメウズ 去年のヒメウズ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フウ(楓・タイワンフウ) | トップ | ヒイラギナンテン(柊南天) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。