HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

アガパンサス(ムラサキクンシラン・紫君子蘭)

2017-07-03 | 【独り言】

科名が何度か変遷している。
見た目の分類では無く、分子レベルでの分類体系でも
いずれは変遷してゆくのだろうか。
大きな目立つ花だと、余計に見た目の分類に拘りたくなるだろう。
いずれにしてもどの分類体系を使うかは個人の判断。

ハッキリしているのは、混同して使うのはまずいということ。












(2017.06.30 南王子町)












(2017.06.28 大道町)






















アガパンサス(ムラサキクンシラン・紫君子蘭)
 
ヒガンバナ
(←ムラサキクンシラン、←ネギ、←ユリ)科アガパンサス属 Agapanthus africanus
APGⅡではムラサキクンシラン(アガパンサス)科とされたが
 APG Ⅲではアガパンサス亜科としてヒガンバナ科にまとめられている。
和名に紫君子蘭だが、白花種もある。

(2017.06.19 須磨離宮公園)
--------------------------------------------------------------
アガパンサス

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トネリコバノカエデ(秦皮葉... | トップ | アサザ(浅沙、阿佐佐) »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。