HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ハナミズキ(「八重」花水木)

2017-05-03 | 白色 春

普通は4枚の苞の中に、花が包まれているのがハナミズキ。
ここのはその苞が4枚以上あるので便宜的に「八重」と呼んでいる。




これ以上は開かない。

確かに「八重」だけれど、花は咲いている。
花は咲いているのだけれど、果実は見ない。









(2017.05.01 明石公園)
















ハナミズキ(花水木)
 ミズキ科ミズキ属 Cornus florida (=Benthamidia florida)
ヤマボウシ(山法師、山帽子) Cornus kousa (=Benthamidia japonica)
ヤマボウシとハナミズキ 両者は同属だが、冬芽は違っているし果実も全く違っている。
 (2017.03.02 明石公園)
「アルバプレナ ダブルホワイト 二重咲きで、八重ハナミズキで出回る場合もあります」
と、ホームセンター・コメリの広告。


「普通」のハナミズキ
--------------------------------------------------------------
今年のハナミズキ・白  ハナミズキ冬芽・葉痕 ヤマボウシ冬芽・葉痕

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハナミズキ(花水木・アメリ... | トップ | ノミノツヅリ(蚤の綴り) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。