HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

セツブンソウ(節分草)

2017-03-07 | 白色 冬

生態園の北山側に植えられたセツブンソウはさほど増えてはいない。
朝日が当たることは無いからだろうか。
日照が少ないと特徴的な白い萼片は平開しない。



発芽1年目と2年目

発芽1年目(双葉)~3年目(小さな苞葉)が揃っている。
開花しているのは4年目、苞葉の上に白い萼片、見慣れた姿になるまでに

しっかりと地中で暮らしている。











次の年には花を開くだろう株が幾つも…
掘り返したりせずに一年じっくり待とう。













セツブンソウ(節分草)
 キンポウゲ科 セツブンソウ属 Shibateranthis pinnatifida
(2017.02.28 京都植物園)
--------------------------------------------------------------
今年のセツブンソウ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナルキッスス・カンタブリクス | トップ | オウレン(黄蓮 キクバオウ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。