HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの伯耆富士・大山

カンザキハナナ(寒咲き花菜)

2017-02-23 | 【独り言】

オオイヌノフグリが咲き始めている野辺で
毎年いち早くこの「菜の花」が咲く。


これは鑑賞用に植えられているのではなく、野菜としての利用を目的に植えられているものだろう。
だから「カンザキハナナ」とは呼ばない方が良いかも知れない。















(2017.02.19 貴崎町)


「」付きで、「菜の花」そう言うのが良いらしい。

やはり面倒な呼び名、区別は要らないのだろうか。
園芸種などでは平気で難しい、長ったらしい名前を口にする御仁も
区別出来ない種類は調べようともせずに、名前は面倒ですよねぇ~と平気だ。
あいもかわらずヒト様のページに勝手に上がり込んで
ありったけの知識を広げて解説しているのを見ると
やはりネット社会の過剰な情報氾濫が弊害になっていると実感してしまう。


それも良しなのだろう。
人それぞれ、そう言いながら勝手なものだ。






カンザキハナナ(寒咲き花菜)
 アブラナ科アブラナ属 Brassica rapa var. amplexicaulis
(2017.01.04 材木町)
--------------------------------------------------------------
去年のカンザキハナナ ムラサキハナナ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キブサズイセン(黄房水仙) | トップ | マンサク シナマンサク(支... »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事