HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの伯耆富士・大山

ハダカホオズキ(裸酸漿)

2017-11-17 | 草 果実・種子
四年前、北アメリカ区のアセビのしたで撮った。今年は先日の台風の後、立ち入り禁止になっている。このハダカホオズキはアジサイ園からシアトルの森への抜け道で撮った。(2017.11.15 森林植物園)☆ハダカホオズキ(裸酸漿) ナス科ハダカホオズキ属 Tubocapsicum anomalum (2017.10.31 森林植物園)------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント (2)

ボタンヅル(牡丹蔓)

2017-11-17 | 秋 樹木 果実・葉
豪快な髭仙人。センニンソウはここでは見えなくなった。その代わりにボタンヅルが年々増えている。ボタンヅル(牡丹蔓) キンポウゲ科センニンソウ属 Clematis apiifolia(2017.11.15 森林植物園)☆ボタンヅルの髭--------------------------------------------------------------今年のボタンヅル 今年のセンニンソウ . . . 本文を読む
コメント

ボタンヅル(牡丹蔓)

2017-11-17 | 秋 樹木 果実・葉
豪快な髭仙人。センニンソウはここでは見えなくなった。その代わりにボタンヅルが年々増えている。ボタンヅル(牡丹蔓) キンポウゲ科センニンソウ属 Clematis apiifolia(2017.11.13・15 森林植物園)☆ボタンヅルの髭--------------------------------------------------------------今年のボタンヅル 今年のセンニンソウ . . . 本文を読む
コメント

ボタンヅル(牡丹蔓)

2017-11-17 | 秋 樹木 果実・葉
豪快な髭仙人。センニンソウはここでは見えなくなった。その代わりにボタンヅルが年々増えている。ボタンヅル(牡丹蔓) キンポウゲ科センニンソウ属 Clematis apiifolia(2017.11.13 森林植物園)☆--------------------------------------------------------------今年のボタンヅル 今年のセンニンソウ . . . 本文を読む
コメント

ノブドウ(野葡萄)

2017-11-17 | 草 果実・種子
森林のボタンヅルが茂る場所には、ノブドウも茂る。撮ったのは一枚だけだ。☆奇妙なのだが、殆ど色づいた果実が並んでいる場所ではすぐ横で地面に這い出している蔓にまだ花が咲いていた。これを生命力が強い…と言う方もいるしこれだから雑草は蔓延って困る…と言う方もいる。いずれにしてもまだまだ冬は来ない。☆ノブドウ(野葡萄) ブドウ科ノブドウ属 Ampelopsis glandulos . . . 本文を読む
コメント

ノコンギク(野紺菊)

2017-11-17 | 草 果実・種子
菊に昆虫、避けては通れないし昆虫ばかり撮っている気がする。撮りたいものがあれば良い…のだけれど本末転倒にならないようにだけはしたい。ノコンギクの綿毛がそろそろ目立つ頃だ。ノコンギク(野紺菊) キク科シオン属 Aster microcephalus var. ovatus(2017.11.15 森林植物園)☆撮りすぎたかも知れない虻。-------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ナツハゼ(夏櫨)

2017-11-17 | 秋 樹木 果実・葉
出直したけれど、まだ暗い。ここのナツハゼは諦めよう。(2017.11.13 森林植物園)☆暗がりに果実、黒いからまた出直しだ。ここにはサルトリイバラの赤い果実も出来ている。ナツハゼ(夏櫨) ツツジ科スノキ属 Vaccinium oldhamii (2017.10.31 森林植物園)☆---------------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

タカノツメ(鷹の爪)

2017-11-17 | 秋 樹木 果実・葉
まだ緑を残したタカノツメもチラホラあったけれど殆ど黄色。タカノツメ(鷹の爪) ウコギ科タカノツメ属 Gamblea innovans雌雄異株、別名イモノキ☆-------------------------------------------------------------タカノツメ メグスリノキ . . . 本文を読む
コメント

森林の樹木

2017-11-17 | 【独り言】
どれくらいの種類が植えられたのだろう。開園から50年は経つ。高校時代には現在の西門が正門だったはずだ。一年の秋、バスでそこを訪れたのが最初だから55年経つ。一様に歳を重ねた同窓たちも、その後ここを訪れただろうか。正門前のバス、ドライブウエイのガードレールに腰掛けている写真何故か藤本と一緒に写っている記念写真…、記憶など何も無い。 ▲ 南のブリスベーンの森と北のリガの森を限っ . . . 本文を読む
コメント

ゲンノショウコ(現の証拠)

2017-11-17 | 草 果実・種子
今日は二つ。それも一つずつ、紅葉が散り敷いた場所で撮った。(2017.11.15 森林植物園)☆ゲンノショウコの種子が弾き飛ばされた後の姿を「ミコシグサ」と呼んでいる。ただそれだけの事だけれど、集まっていると撮りにくい。一つ二つだと撮りやすいけど、5本弾ける筈のものが、何時も一つ位は欠けている。今日は余りの数に驚いて撮りにくかった。ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科フウロソウ属 Gerani . . . 本文を読む
コメント