前略、道の上より 2014→

目指すは道の駅完全制覇?

霧の森・霧の高原

2016-10-13 21:18:43 | 旅行

2016年10月8日 9時44分 香川県坂出市西大浜北にある讃岐うどんのお店を出発。瀬戸中央自動車道 坂出北ICは、岡山方面にしか行けません。う~ん、面倒だ。
県道186号→市道→県道33号→県道19号→国道11号→高松自動車道 坂出IC→川之江JCT→川之江東JCT→高知自動車道 新宮IC→県道5号
道の駅 霧の森(愛媛24)

10時46分 到着。

愛媛県四国中央市(しこくちゅうおうし)新宮町(しんぐうちょう)馬立(うまたて)にあります。四国中央市は、愛媛県の東端部に位置し、東は香川県、南東は徳島県、南は四国山地を境に高知県と4県が接する市です。新宮町で作られている新宮茶は、山茶の生育しやすい高地で、昼と夜の寒暖の差が大きく、日当たりが良く自然環境に恵まれ、おいしいお茶ができるそうです。

駐車場↓

道の駅へは、徒歩で向かいます。

玉水橋を渡ると

その先に道の駅があります。

施設案内図↓

左手が霧の森交湯~館↓ 天然温泉です。

右手の階段を上がるとレストランや

霧の森ふれあい館↓があります。

館内の総合案内所横に

スタンプは、置いてあります。

霧の森ギャラリーでは

石井廣一 ステンドグラス作品展が開催されていました。ステンドグラスの灯具って いいですね。いろんな色の光が、宝石のように輝いています。開催期間は10月5日~10月30日です。

館内には、少しですがお土産物もあります。霧の森大福↓は、30年間農薬を一滴も使用せずに栽培した「新宮わきの茶」の中から「かぶせ抹茶」を厳選してお餅に練りこみ、外側に抹茶をまぶした大福です。

この霧の森大福を作っているお店が、なんと!道の駅の裏手にあります。
霧の森菓子工房 新宮本店↓

ベンチにもたれて ボーと眺めていると… 心地良い風が吹き抜けていきます。
随分と涼しくなりましたね。

というわけで 次は、道の駅 大杉(高知1)を目指します。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四国萌え隊 | トップ | 美空ひばりゆかりの地 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む