前略、道の上より 2014→

目指すは道の駅完全制覇?

ホッケの名産地

2017-05-15 22:38:16 | 旅行

2017年5月4日 11時42分 道の駅 くろまつない(北海道57)を出発。
国道5号→道道265号→道道9号→国道229号→道道272号
道の駅 みなとま~れ寿都(北海道103)

12時04分 到着。

北海道寿都郡(すっつぐん)寿都町(すっつちょう)大磯町(おおいそちょう)にあります。寿都町は、北海道の南西部、函館市と小樽市のほぼ中間に位置し、日本海に面しています。 寿都町は、平均風速6m以上の風の吹く日が、年間半分以上もある強風地帯です。その風を利用した風力発電施設が立ち並ぶ、風の町です。
駐車場は、道の駅の裏手↓にあります。

本日、海鮮屋台イベント開催中。

道の駅の裏手は、寿都漁港です。日本海まで来ました。

寿都町は、沿岸定置網ホッケ漁水揚げ日本一。ご当地グルメは、寿都ホッケめし。ワクワクしてきました。

こちらが、道の駅 正面です。

店内へ ペッパー君がお出迎え。

スタンプは入って すぐ右手に置いてあります。

スタンプGET!

店内は、こんな感じ。

ダルマいかやホッケ、ニシンなどの魚介類が並んでいます。

寿都といえば、まずコレコレ↓
生炊きしらす佃煮です。寿都湾で、春の1ヶ月間だけ獲れる小女子(こうなご)を水揚げしてすぐに加工場へ運び、醤油や水飴などで味付けし、生炊きしらす佃煮に加工されます。箸が止まらない美味しさだそうです。

寿都Tシャツ↓

さてと、寿都ホッケめしは…
ごはん切れのため、ごはんものメニューは休止中です。
え~ そんな理由… とっほほほ。

道の駅の前の海鮮屋台イベント会場へ

ホッケのすり身汁?

気になる~ 魚のすり身といえば、スケソウダラやイワシですよね。

ホッケのすり身は、プリプリして弾力がありますね。あっ、小骨も入っています。実は、ホッケを使用したすり身は、ハラス部分の小骨を外さず、骨ごとすり身にするそうです。この部分の小骨を外すと最も脂ののった部分も一緒に捨ててしまうことになるからだそうです。う~ん 美味しかった~ 出汁もGOODです。

ごちそうさまでした。
というわけで 次は、道の駅 よってけ!島牧(北海道20)を目指します。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブナ北限の里 | トップ | こうなご丼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む