KEN’S BLOG

気ままな日記?月記?年記?

上高地スノーシューツアー

2017-02-13 21:04:02 | お出かけ 旅行

登録してるsnsの企画、冬の上高地にスノーシューで入りました。これで念願の上高地の四季コンプリート!

天気が青空でなかったのが残念ですが、岳沢の半分くらいまで見れました。焼岳は早朝一時見えたけど、穂高山頂は雲の中でした。(残念)

でも、荒天直後が幸いしてこれでもかという程の新雪三昧でした。楽しかったけど、スゲー疲れました!

 

忘れないうちに記録しときましょう。

金曜日仕事後に出発。80kmでのんびり走る。諏訪PAで寝る。

土曜日、8時くらいに起きて朝食後9時くらいに出発し、島々駅前のお豆腐屋で夜のつまみを購入。

10時半過ぎに集合場所の沢渡駐車場に到着。タクシーの運転手さんとしばらく雑談して情報を得る。

昼飯に賞味期限の過ぎたラーメンを食べながら大阪から来る方を待つも来ないので、温泉に行く。

乗鞍高原に行き土産を購入し、せっかくなので白骨温泉のお気に入り「笹屋」に電話をかけて日帰り入浴の確認をとる。

14時までOKと言われたので、向かって熱めの白い硫黄泉を満喫する。

露天は寒そうだったので、内湯を選択。松本市内の方と一緒になって今年の雪具合とか、その方が泊まろうとしたら満室で出来なかったとかの雑談をする。

せっかく信州に来たので、「中之屋」に入って信州蕎麦を満喫する。

で、再び沢渡駐車場に戻り、次の日の準備をしながら、オリオンビールとつまみで1人で飲み始める。

18時半に大阪組の1人が到着し、19時から宴会を始める。

21時ごろ中断し、23時ごろに大阪組のもう一人が到着して2次会を始める。日が変わって2時前くらいにお開きになり、明日のために寝る。

日曜日、6時にアラームをかけるも5時半に目が覚める。あと30分寝ようとするが、寝れないので45分くらいに起きる。

土曜は一日中しんしんと雪が降ってたが、雪は止んで空も明るい。期待しながら準備をして、7時のタクシーで上高地へ!

釜トンネルの傾斜結構大変でした。トンネルを2つ越えてスノーシューを履き上高地に入る

ものすごい新雪で本来広い道が細い道に変わってました。大正池の水位調整ダムの先は除雪しないみたいで、トレース1本の細い道でした。

大正池ホテルから川原におりて、田代池・梓川右岸を歩きカッパ橋に行く。寒風に負けずに昼食におでんとうどんを食べ、カッパ橋を渡りウエストン碑側を戻る。

田代橋からは同じ道を戻り、上高地を出てタクシーで戻ったら17時、沢渡駐車場にはうちらの車しかありませんでした。

解散し、乗鞍温泉の「湯けむり館」に2人で行き、痛い左太ももをよく揉む。

場所を移動し、さらに宴会!

しかし、睡眠不足と疲れが一気にきて、21時ごろお開き。車に戻ってFFヒーター炊いて寝ました。

月曜1時頃、暑くて目が覚める。車内を見渡すと片付けようとした跡がありました。

FFヒーターを切って寝るも寒くて目が覚めたので、今度は程ほどにダイアルをまわす。

朝7時半に目が覚め、ラーメンで朝食。車が凍ってるのでエンジンをかけて(バッテリー危なかった。かろうじてかかりました)デフロスターでガラスの氷を溶かす。

9時ごろ別れて、松本市内の薪ストーブ工房 「エイトノットの翔武」

http://www.wood-stove.co.jp/item/bq-daughter/ に行き。製作過程を見る。

ちょうど欲しいモデルが製作中になっていて、裏側が見れました。

感想は、よく造りこまれてました。日本人的な細かい良く考えられた設計と作りこみでした。

この作り方であの値段はお買い得だなぁ~って思いました。

お店を昼前に出て、都内の親戚宅に土産を持っていきながらぎっくり腰のお見舞い。

自宅に17時半ごろ到着し、すぐ高圧洗浄機をかけて週末のミッション完了しました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディナー | トップ | 桜が咲きました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。