ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

『Dolls』

2014-09-30 17:06:26 | 邦画
2000年に『BROTHER』、そして2002年に『Dolls』を撮ったけど、丁度ここがターニングポイントになったようだ。
観ている最中も観終わってからも結局面白い作品なのかどうかよくわからない。最終的にこの映画は何を伝えたいんだ?愛の形は色々ということなのだろうか。なんだか無理矢理センチな映画を撮っているようで満足してみ観ることができなかった。
話がシリアスなだけにギャグは入れずらいのだろうけど、それでも武のギャグが好きなだけに無いのは残念である。

この手の映画を称賛する人とはあまりお友達になりたくないなと思ってしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『HANA-BI』

2014-09-30 16:57:49 | 邦画
旅行先のマンガ喫茶で大好きな武の映画2本を観てきた。代表作でありながらまだ観たことなかったんだよね。でも噂通りの傑作であった。

従来の武の作品のように快感を感じるまでのバイオレンス描写を持ちながら究極の純愛映画でもあると思う。この映画を恋愛映画にカテゴライズする人は少ないだろうけど自分は「一番好きな恋愛映画は?」と聞かれたらこの作品を挙げる。
「余命わずかな妻」なんてあらすじに入っていると今更感があってげんなりしていたが、実際に観るとで素晴らしいではないか。言葉は少なくとも主人公の病の妻への愛情がいたるところに感じる。それでありなが武の得意のギャグバイオレンスも随所に入れられてたファンは満足しないはずがない。
この映画の何が一番いいっていうと「静」を感じるところかな。うまく言えないけど色々と考えたくもなる。『アウトレイジ』なんか観て思うけどビート武は喋らない方がいいな。喋らなくても存在感は十分あるし、その方が期待感を持てる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『摩天楼の怪人』 島田荘司

2014-09-27 21:41:15 | 
面白いけどストレスも感じる島田先生だが、長ったらしい回想や劇中作もなくすんなり読むことができた。

御手洗が助教授をしている若いころの話で、舞台となるのはニューヨーク。過去に起こった女優による殺人事件の謎に御手洗が挑むというお話。御手洗も1作目の『占星術殺人事件』では変人占い師であったが、ここではちょっと変わり者の助教授というくらい。一体どこで人が変わってしまったのだろうか。
相変わらずスケールの大きい話で突拍子を感じないこともないけど面白い。壮大な仕掛けが登場するけどホントにそんなことが可能なのかとかいろいろ気になってしまうも読ませるのは御大の力なのだろう。

ただ一つ地下の話がスルーされたまま終わってしまったけどどうなのよ。ただのミスリードの為に関係ない話を挿入させるのはどうなのよ。あと建物系の話は見取り図とかが無いと非常にわかりづらい。もっと図なんかを挿入してほしかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

2014-09-21 15:17:37 | 洋画
しかし猿の惑星シリーズも随分と息の長いコンテンツだな。なんだかんだ言っても最新作以外の作品は観てしまっている自分にもビックリだけど。

今作は人間世界の猿が力をつけていくという旧シリーズでいう4作目のような展開の作品。新シリーズの1作目だけど、この手の序章というのはそこまで面白いものではなかったりするんだよね。今後のシリーズ展開によってこの作品の評価の良し悪し別れそうな予感がする。
ただ、さすがはハリウッドという感じのCGは素晴らしい。CGは毛並みの表現が大変だと聞いたことがあるけど本物かと思ってしまうくらいのリアルさ。話によると本物の猿は一匹も使われていないとのこと。

正直今更シリーズ化する必要もあるのかと思わなくもないけど、やっぱり元がいいだけにどう調理してもそれなりに面白い。旧シリーズは上手くまとめているけど物足りないというジレンマがあるからそれを解消できるような続編を期待したい。
あと、現在流行しているデング熱とかエボラ熱への配慮か尺の問題か知らないけど肝心の落ちをカットしてテレビ放映ってどういうことだよ。ウイルスがまき散らされるってとこが続編へつながる重要なとこだろうよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『狂い咲きサンダーロード』

2014-09-18 16:10:07 | 邦画
大槻ケンヂの小説の中で製作者がこの映画を「つっぱり通す映画だ」と述べているがまさにその通りである。タイトルもすごいが中身はもっとすごい。いちいち役者の演技の大根具合とか時代のギャップなんか感じる暇もない。
主人公は型にはまるのが嫌な画にかいたような暴走族。チーム名が「魔墓呂死特攻隊」とこれまたすごい。他のチームと揉めているうちに右翼団体に入ってしまう。そんでその団体を抜けると他の族に狙われて戦うのがラストのバトル。ただの暴走族なのにみんな銃火器をもっていたり主人公がジャギみたいな格好していたりとマッドマックス状態になってしまう。
好きな人は大好きなんだろうけど自分としてはまあ普通。あの展開とノリについて行けるかが分かれ道ってとこかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加