ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

『時をかける少女』(2006)

2017-11-26 17:41:20 | 邦画
公開当時これ物凄く話題になっていたよね。今は無き渋谷シネセゾンで上映していたのは覚えているけど、劇場に観に行ったかは定かではない。でも、多分観に行かなかったような気がする。

細田は好きだけど、大林版にも原作にも思い入れはないからこの作品もどうということもない。今こうして観返すと青春色が強すぎて、青春終わったおじさんには観ていて辛いものがある。また、演出もあまりにアニメ的過ぎてなんだか鼻につくところがある。そしてアニメなのにオタクっぽさがなくて爽やかすぎて眩しい。あんなに跳んで転がっているのに不自然なくらいにパンツも見えないし。

個人的にはそんなだけど、100分で上手くまとめていて映画としては完成度が高いと思う。主題歌の「ガーネット」はそれなりに好き。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『エイリアン4』 | トップ | 『GODZILLA 怪獣惑星』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事