ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

2017-05-05 13:25:43 | 洋画
シリーズ後半からすっかりついていけなくなったハリー・ポッターだけど、今作は久々の王道ファンタジーで安心して観ていられる。

今までも魔法生物はちょこちょこ出てきたけど、今作ではガッツリ焦点を当てているのと、マグルが主人公の協力者として活躍しているのが今までと切り口が違う。それでもハリー・ポッターの世界観の魅力を十分に出している作品だと思った。ただ、登場人人物に華がないというか、世界観や映像演出に頼りすぎかなという感じも否めない。多くの人が、主人公よりもマグルの方に魅力を感じたのではないだろうか。

シリーズ化が決定しているようだけど、今後どういう方向に向かっていくのか気にはなる。間違っても本家のようにごちゃごちゃよくわからない方向に行かないでほしい。
あと、画面の暗さは本家に引けを取らないな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ムカデ人間』 | トップ | 『戦場のメリークリスマス』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。