ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

2016-10-14 21:25:12 | 洋画
タイトルからしてレネー・セルヴィガーあたりが主演のラブコメかと思ったらトム・ハンクスが出てるドラマ作品だった。しかもつまらない。

登場人物がみんなヒステリックな感じで、不快感しかなかった。観ていてこの人たちは一体何と戦っているのだろうかと不思議でもあった。9.11で父親が死んだのは悲劇なのだろうけど、随分と特別なことにし過ぎではないかな。そんなこと言ったら映画自体を全否定なのだけど。テーマから演技まで、何から何まで鼻につく映画だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『大脱出』 | トップ | 『ヒミズ』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事