ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

『パッチ・アダムス』

2017-04-23 14:43:19 | 洋画
いつも通りロビン・ウィリアムズが型破りなな主人公を演じて封建的な世界にメスを入れる。そんで最後は大団円。期待していた割にはこんな言葉で片づけてしまった。

いつも思うけど、ロビン・ウィリアムズの笑いって日本人の笑いのポイントと絶対ずれている。だからいくら登場人物が笑っていてもなんか冷めた目で見てしまってイマイチ映画にのれない。そして誰かも言っていたが、実話を基にしているのになんか現実味がない。
でも、音楽はなかなかの選曲であった。

「(医者の務めは)死を遅らすのではなく質の高い生を与えること」というセリフは印象に残った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『名探偵コナン 純黒の悪夢』 | トップ | 『40歳の童貞男』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。