なかなか日記  59

なかなかいい関係!なかなか仲良し!
なかなかファミリーの日常を綴ります 
毎日更新中のなかなか日記も11年目に突入!

家族の絆

2017-06-22 13:41:16 | 58

昨日は、おやじ(父・じ~じ)の苦しそうだが、懸命に頑張る姿をファミリー11名でそばにいて看病、父に呼びかける。
私は、20日(月)から病室に泊まり込み、
10時には妻、おふくろ、妹、
昼には、娘、息子、義弟、姪、昼過ぎには、甥、姪、又甥が、かけつけてくれた。
18日(月)から厳しい容態が続く。それにしても凄い生命力、凄い頑張り…。
みんなと一緒に出来る限り長くいたいのだろう。
午前中は、呼び掛けに目を開けてくれ、
妹とふたりで、「ありがとう」と感謝の言葉をかける。
16時には、ファミリー11名全員が揃い20時過ぎまでそばにいて看病してくれた。
20時過ぎからは、おふくろ、妹、と私の3人が病室に残り親子4人で過ごす時間ができた。32年ぶりにこんな形で過ごすとは…。
看病疲れのないよう交代で
簡易ベッドで仮眠を取る。私も3時半から1時間ほど横になり鼾をかく。
そして、
おやじの枕元で看病を続ける。

しかし、3人で、最愛のおやじを看取る。
やっと痛みから解放され穏やかな表情で息を引き取った。

かねてより病気療養中の処、薬石効果なく6月22日 6 時55分85歳で父が永眠しました。
ここに生前のご厚誼を深謝し衷心より御礼申し上げます。

これからが忙しくなる…。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 簡易ベッド | トップ | 葬儀の打ち合わせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL