読書ノート  

主に都市、地域、交通、経済、地理、防災などに関する本を読んでいます。

在日本―中国人がハマった!ニッポンのツボ71 毛丹青(責任編集) 2016

2016年09月19日 | 外務・国際
 中国語版『在日本』は日本で生活し。学んでいる中国人留学生たちが興味を持って見ている、また感じている等身大の日本の伝統や文化を伝えようとする試み。

 外来の文化を取り入れ融合することで新たな文化を形成する、四季の変化を楽しみ食事や衣服に反映させる、まじめな仕事ぶり、丁寧な接客態度、集団主義、職人気質、地震への備え・・・。この本で描かれるこうした点は、人種国籍を問わず多くの外国人が感じ、日本人自身も自覚している日本人らしさだろう。

 中国人ならではと思わせることの一つは、花火や団扇、和服までも、中国から伝来し、日本で独自にアレンジされ、発展したと述べていること。中には中国では全く廃れてしまったものもある。

 二つ目は、同じものでも、例えば中国西北部では蕎麦にいろいろな調味料を加えて食べるのに対し、日本は材料そのものの風味を際立たせることで完成度を高める。

 三つめは、日本の現代文化が中国に広く伝わったものを取り上げている。カラオケ、便利店、派出所。

 そして、漢字での表現についていろいろ論じているところも、日本人と中国人以外には伝わらない面白さだとろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミクロ経済学の力 神取道宏... | トップ | 路地研究―もう一つの都市の広... »

コメントを投稿

外務・国際」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。