愉快なサイゴン生活

まもなく9年目を迎えますサイゴンライフ
まだまだ日々新たです。
感動を伝えます。

その1 昨日の出来事&リチャード・ギアが2度目の離婚

2016-10-19 06:38:08 | 日記
その1 昨日の出来事&リチャード・ギアが2度目の離婚

平成28年 西暦2016年10月19日 水曜日

いつものように夜の授業を終えて帰宅すると
ベッドにドタンバタンキューって倒れてスリープ

お茶漬けを頂きブログをって考えていて
ブレーカーが突然落ちる!!!






日付変っていて
今朝まで連絡を我慢
日の出前にカンさんをみつけ、チェック





ブレーカーが落ちた原因はわからないが
タコ足配線が大きな誘因 
一個一個チェックも
原因不明

そして部屋の掃除を片づけをして
休憩してブログ書きです。

昨日の一番の驚きは
連続3日間インセルコは浸水 しかも段々浸水被害が激しく!!
学生から写真を見せてもらいびっくりでした。かれらも片付けの
毎日で相当に疲れています。 できるだけ楽しく授業を!!!!!!





一部の学生は北海道の組合関連さんらとお話
福岡が一番だが次いで北海道が多い
インセルコです。

新米女性教師さん 二人は仲良しも一人は日本語経験十分
積極的に吾輩との授業を楽しむタイプ、もう一人は恥かしがるタイプ!!

教師の態度は学生に見事に反映されます。
前任のチュン君は今は下関、教師時代は日本からのお客接待で
このクラスを十分に教えてなく、学生も可哀相だが2クラスの差は歴然!!

休憩時間には校庭の写真や軽い運動そしておしゃべり












終日厚い曇り空もほとんど雨は降らず!!
2-3度大雨心配もあったが大丈夫でした。


二番目の驚きはベスト体重に戻ったものの
食欲はなく体調もイマイチ!!!
でも久しぶりに春菜でブランチ

テレビがNHK新番組の案内中
宮崎がテーマ 見たくなりました。




そして食事






元気出ることに驚きでした。
春菜に感謝

食事の前に週刊誌3冊をゲットして悦
本日の日付のものも!!






三番目は電気工学電子工学学科の連中の真剣な日本語勉強
いつもながら楽しい授業








そしてやっと
ポツリポツリの雨の中の帰宅で嬉しい感動
そしてブレーカー落ちの大事件でした。

そして四番目は今朝の離婚報道

先ずはタイトルの項目から!!

小泉さんそっくりでそれが縁で
小泉さんが首相時代には官邸を訪問、結構な記事になり
日本を騒がせたが、今回はリチャードギアが離婚って!!

ホント夫婦って難しいです。
どちらが我を通せば別居か離婚になる。
新婚時代ならお互いに100%相手に同調
あるいはわがままを許すが吾輩のように結婚45年にもなると
それが難しくなる。私しゃこのニュースを見て考えさせられました。


リチャード・ギアが2度目離婚、ローウェルは3度目
[2016年10月19日6時41分]

 俳優リチャード・ギア(67)と女優キャリー・ローウェル(55)の離婚が米国時間の18日午後、マンハッタン最高裁判所にて正式に成立したとニューヨーク・ポスト紙電子版が報じた。

 02年に結婚した2人は一人息子ホーマー(16)をもうけたが、ローウェルが2012年に離婚申請。子供の共同親権についてはすぐに合意に達したものの、総額2億5000万ドル(約250億円)といわれるギアの資産をめぐり、泥沼の法廷争いが続いた。関係者らの話によると、ギアがプライベートを大事にするのに対し、ローウェルはパーティに出かけるなど、派手なライフスタイルを好んだことが主な離婚原因という。

 ギアはニューヨーク郊外の高級リゾート地ハンプトンズにある別荘を6500万ドル(約65億円)で売りに出していたが、今年の夏、3300万ドル(約33億円)で売却したと報じられた。離婚の取り決めの内容については非公開となっている。

 ギアの最初の妻はモデルのシンディ・クロフォードで、今回で2度目の離婚。元ボンドガールで、米人気ドラマシリーズ「Law & Order」の検事役でも知られるローウェルにとって、3度目の離婚となる。(ニューヨーク=鹿目直子)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その2 やっとベスト体重も... | トップ | その2 カインとアベル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。