New Life in VungTau 在越10年目の感動 新ブンタウ生活毎日アップ

一目ぼれサイゴン引っ越しブンタウ生活スタート
会社と大学で2017年5月開始 楽しみウキウキ生活報告

その1 我輩にとって7月は特別SevenElevenいい気分!!

2017-07-01 06:52:08 | Weblog
その1 我輩にとって7月は特別SevenElevenいい気分!!

ハイビスカスは我が誕生花 あの有名な セブンーイレブンいい気分! 宣伝文
それをもじって7月11日なんです!!

久しぶりに早朝からいままで自宅です。
只今午前6時45分

我がフェイスブックのコピペ編集

動画は我がFBご訪問を!!

その4 今月のブンタウの満潮干潮情報 昨夜の6時半と9時半のお月様
==================================


















その3 本日の満潮干潮@VungTau
=================

毎朝の早朝散策で今週は満ち潮ってわかっているが確認
ブンタウの満潮は予想通りに午前7時50分

あの狭い砂浜を歩くの大変で散策中止
それに週末は人が多くなります!!
っていうか朝と夜のお出かけで
例えば昨日は朝5時出発、

夜の帰宅はブックカフェから午後9時15分

その間に授業は実習生と 大学実習生

アラセブ真っ只中の吾輩は
少々疲労気味で週末の今朝は在宅中です。

でも目覚めは午前3時です。読書

午前4時 気温27度でベッドにいても寒く感じるほど
ってことでネットサーフィンしながら休息を選択

今月の満潮干潮情報は後ほど写真アップ

本日のそれはコピペ

HIGH TIDES AND LOW TIDES  VUNG TAU
TODAY, SATURDAY, 1 JULY 2017

満潮 high tide  7:50 h
干潮 low tide  0:25 h

午前6時現在の状況
Current status of water
1 JULY 2017, 6:00 h

Today Saturday, 1st of July of 2017, the sun rose in Vung Tau at 5:34 h and sunset will be at 18:17 h. In the high tide and low tide chart, we can see that the first low tide was at 0:25 h and the next low tide will be at 13:45 h. The first high tide will be at 7:50 h and the next high tide at 19:15 h.
Today we have 12 hours and 43 minutes of sun.
The water level is rising. There are 1 hour and 49 minutes until high tide.


まあ便利な時代です。
学生の授業でもインターネット元年は1995年
あの阪神大震災でインターネットがどんな状況でも活躍するって証明されたって!!



その2 中国経済の躍進20年は香港返還からの20年と重なる!!
================================

いい記事でした。
香港返還20年 紅く染まる「自由都市」
2017/7/1 1:36日本経済新聞 電子版

中国 香港
中国人民解放軍の駐香港部隊を閲兵する中国の習近平国家主席(30日、香港)=小川望撮影
 7月1日、香港は英国から中国に返還されて20年を迎えた。海外と中国を結ぶ中継地として発展したが、米国に次ぐ経済大国に成長した中国にとって香港の経済的な重要性は低下。習近平指導部は政治・経済の両面で香港の統制を強めている。中国の主権下で唯一、法の支配や言論の自由が保障された「自由都市」は紅(あか)く染まり、輝きはあせつつある。
 香港島の金融街、中環(セントラル)に中国本土の金融機関が相次いで進出している。上海と香港の証券取引所間で株式相互取引が3年前に始まり、香港への投資需要が高まった。大手不動産のJLLによると、2017年に中環で契約されたオフィス面積の52%は中国企業が借り主だ。
 中国企業はカネに糸目をつけず、一等地のビルを好む。中環のオフィス賃料はロンドンやニューヨークの1.5倍に高騰。家賃負担に耐えかねた米欧勢は郊外へと移った。「染紅」。中国資本の香港進出は地元でこう表現される。
 海外企業にとって香港は中国に直接投資するときの経由地として機能してきた。だが、15年は中国から香港への直接投資額が898億ドル(約10兆円)に上り、香港から中国への投資額(864億ドル)を初めて上回った。「走出去(海外に出よ)」。中国企業はグローバル化を加速し、資金の流れは逆転し始めた。
 この20年で起きた最も大きな変化は、中国の急速な経済成長だ。香港の域内総生産(GDP)は1997年に中国の18%に相当したが、15年には3%弱に低下。都市別でも上海や北京に追い抜かれた。
画像の拡大
 中国の経済力に魅せられた海外企業は、香港を経由せずに、中国本土と直接取引する傾向を強める。その象徴がモノやヒトの流れの変化だ。
 香港は物流の中継港として世界一のコンテナ取扱量を誇った。だが、深圳や広州など同じ珠江デルタにある中国の港湾に直接入る船が増え、世界5位に低下した。キャセイパシフィック航空は香港をハブとして世界と中国を結ぶビジネスモデルが変調し、8年ぶりの赤字に転落した。
 国際金融センターとしての存在感も陰りが見え始めた。17年上半期の新規株式公開(IPO)による資金調達額で香港は69億ドルとなり、上海(110億ドル)や深圳(71億ドル)に抜かれ、世界4位に転落。中国当局がIPOの承認手続きを早め、中国企業は国内に回帰している。
 香港がニューヨークやロンドンとIPOの世界トップを争ってきた原動力は中国企業だった。香港取引所の上場株の時価総額に占める中国企業の比率は63%と、香港企業の30%を大きく上回る。
 中国は海外との資本取引に厳しい規制が残り、市場のルールも安定しない。通信や金融など大型の国有企業が上場先に香港を選んだのは、英米法や国際会計基準を採用する香港市場でなければ海外の資本を呼び込むのが難しかったためだ。だが、中国政府が資本自由化への歩みを進めれば「上海にできない金融取引は10年以内にはなくなる公算が大きい」(欧州系金融機関の幹部)。規制の壁がなくなるとき、香港の金融は海運と同じ運命をたどりかねない。
画像の拡大
 返還当初、中国は香港経済の重要性を尊重し、香港の政治には原則不干渉の立場をとった。だが習指導部は国家主権を最優先し、香港に高度な自治を保障した「一国二制度」を露骨に揺さぶる。中国共産党に批判的な書籍を扱った香港の書店関係者を中国本土に拉致したことは法軽視の象徴とされ、摩擦は強まる。
 「香港と中国を差別化するのは、法の支配だ」。香港の大手商社、利豊の馮国経・名誉会長はこう語る。統制を強める中国から最後の砦(とりで)ともいえる司法システムを守り、透明性の高い市場を保てるかが香港の未来を左右する。
(香港=粟井康夫)

香港、紅く染まる「自由都市」 返還20年
 7月1日、香港は英国から中国に返還されて20年を迎えた。海外と中国を結ぶ中継地として発展したが、米国に次ぐ経済大国に成長した中国にとって香港の経済的な重要性は低下。習近平指導部は政治・経済の両面で香
NIKKEI.COM


その1 7月1日 土曜日 シャリだけ残す人が??って情報
===============================


投稿写真で話題に「シャリ食べ残し」のナゼ(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
最近、回転すし店などで、魚などのネタだけを食べ、ご飯のシャリ部分を残した写真が投 - Yahoo!ニュース(日本テレビ系(NNN))
HEADLINES.YAHOO.CO.JP

1回目の休憩

午前6時51分

この下のクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓
-->
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その2 金曜夜は最高 ブッ... | トップ | その2 土曜日は素敵な出会い  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL