New Life in Saigon サイゴン生活便り

HCMCでの生活の感動を伝える

その3 はらはらドキドキ 最終回 ようこそわが家へ

2015-06-15 23:36:08 | Weblog
その3 はらはらドキドキ 最終回 ようこそわが家へ

いよいよ本格的雨季到来です。
今夜もなんども降ったりやんだり
ただいま午後11時25分 スコールではないが大粒の雨が降っています。

26度まで下がっています。

待ち遠しかった、そしてちょっともったいないが、
ようこそわが家へ は本日で最終回10話です。


やっぱ池井戸潤さん原作です。
サスペンスタッチのホームドラマ『ようこそ、わが家へ』は最後まで裏切りませんでした。

カメラの回復は順調です。





沢尻エリカがグググーーーンと新し魅力を放出していました。




あらすじはコピペ

6月15日(月)放送 最終話あらすじ
倉田健太(相葉雅紀)はニット帽の男と再会。しかし、反撃に遭い逃げられてしまう。太一(寺尾聰)は深追いするなと健太に注意。しかし、ニット帽の男が始めた倉田家への嫌がらせをきっかけに、七菜(有村架純)や珪子(南果歩)が傷つき、太一の仕事場にも少なからず影響があった。健太のニット帽の男と決着をつけようとする意思は固い。
その矢先、倉田家の表の壁や門に派手な落書きがされた。家族は警察に通報、防犯カメラの映像では、犯人は保原万里江(足立梨花)と同じように段ボールで身を隠していた。ニット帽の男の仕業だとしたら、なぜ防犯カメラの存在を知っていたのだろう?

『円タウン出版』で、健太はニット帽の男に会ったことと落書きの経緯を神取明日香(沢尻エリカ)と蟹江秀太朗(佐藤二朗)に話す。さらに、健太は揉み合った時に、ニット帽の男がしていたネックレスの詳細を覚えていた。健太は明日香とともに、このネックレスから男の身元を確かめようと出版社を出る。そんな2人を、何者かが見つめていた。
太一も西沢摂子(山口紗弥加)とともに、『ナカノ電子部品』で不正を繰り返す真瀬博樹(竹中直人)との戦いにけりをつけようとしていた。2人は倒産した取引先と真瀬のつながりを探ろうとする。
健太たちの動きは、なぜかニット帽の男に知られているようだ。倉田家に仕掛けられていた盗聴器はすでに外されている。誰かが男に情報をリークしているのだろうか…。

おやすみなさい!!

3回目の休憩
午後11時36分


この下のクリックお願いします!!!
↓↓↓↓↓
-->
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その2 カメラ確認 | トップ | Part 1 イチローVSマー君 + ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL