嫌札幌~札幌が嫌いなブログ

札幌生まれ、札幌育ち、札幌在住な私が札幌を批判します。札幌嫌いな人集まれ!

札幌が嫌いな管理人、看護婦の前でぶち切れそうになる

2015年06月15日 23時21分59秒 | 嫌札幌
札幌社会の看護婦職員よ、頭大丈夫か?? と思わざるにいられない。

最近入院している知人がいるのでお見舞いに行ったりするのだが、まぁ異常な光景に出くわす。
参照:おいおい、札幌の病院は大丈夫なのかよ!?

札幌市内東区にある某大きな病院に行ったのだが、とにかく誰一人として通りかかる人間(看護婦、事務員)が挨拶も会釈も無いのだ。

ちなみに先日、私用で石狩市内のかかりつけの病院に行ったときは看護婦はおろか、掃除のおばちゃんでさえ挨拶をしてくれたが。。

とにかく札幌社会の病院に勤めている従業員には挨拶という概念が無いらしい。


それから入院している利用者の要望を私が代わりに看護婦側に伝えに行く機会があったのだが、、、

利用者の要望を伝えるために3-4人で待機しているセンター(というのか?)まで向かって話しかけようとするが、誰も気づかない振りをしているのだ。

なんて余所余所しく冷たい光景なんだろう。。。

この光景に出くわした瞬間は私がまだ札幌社会と関わっていた頃の札幌ニト○事件のときと全く同じ光景であった。
参照:札幌の店員の質の悪さ

「すいません!」と声をかけてやっと気づいた振りをしてくれ、利用者の要望を代理で伝える私。

大丈夫なのかよ・・・と思わざるにいられない。


そういえば私と利用者と二人で対談している時に二人組の看護婦がこちらに来て利用者と確認の話をしていたのだが、

私に向かっては終始一切顔も見ず、やはり会釈も挨拶も何も無く、ただただ用件を機械的に済ませて去っていくのだ。

「え?何こいつら?」と超ドン引きしたと同時に、とうとう我慢できず「何も挨拶とかねーの?」と声に出して言ってしまった。

あまり私がぶち切れると病院に入院している利用者がちゃんと世話をしてくれなくなるんじゃないかと不安なので、それ以上の声を出さなかったが…

どうやら病院の利用者に対してはソツ無く機械的に仕事を済ませて、お見舞いに来ている人間はタダの置き物で人権が無いのが札幌ルールらしい。

なんて感じが悪く、なんて冷たく余所余所しく、なんて機械的で、なんて寂しく世知辛いんだと思わざる得なかった。

絶対におかしいと思う。札幌人はその異常さがわからないからおかしいことがわからないのだろうが、異論は認めない。おかしいということを知れっ!


それから他の利用者と看護婦二人組が話をしていたのだが、とにかくうるさい。

ちょっとやそっとくらいなら常識の範囲でなら私も許容範囲なのだが、まるで学校の教室や居酒屋のような騒がしさなのだ。

ちょっと度が超えてきたなと感じ、「これじゃ落ち着けないだろ」と思ったと同時に「うるせーわ!」と声に出して言ってしまった。

何だか自分がDQNで悪者クレーマーみたいでホトホト嫌になってしまうのだが、やっぱりおかしいんじゃねーの?と思わざるに得なかった。


とにかく自分が何かしらの責任を背負うのだけは絶対に嫌だから、ソツなく機械的に仕事をこなして、面倒くさいと思われることを徹底的に予防して避けて通っているのだ。

こいつら、社会人として、看護婦としてのプロ意識などの概念は無いということ、それが恥ずかしいという意識も何も無いということがよくわかった1日だった。

大事なことなのでもう1度書こう。

札幌社会の看護婦職員よ、頭大丈夫か??
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散髪に行ってきた | トップ | HP更新しました 6.16 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
情緒不安定な看護師 (z250ft)
2015-08-23 14:39:42
管理人様こんにちは。普通の医療関係者です。私は、仕事上、道外、道内の病院で営業で回っている者です。仕事では、特に医師、病院事務長とのかかわりが強く、看護師などのコメディカルとは経営に関与している方たちとかかわる程度です。この記事と前後の病院に関する記事ですが、かなり的を得た内容ですね。全道、いや全国に実態を公表して欲しいです。なぜならば、札幌の看護師のもとでは身内を預ける事ができない、かつ自身も札幌の看護師に恐怖感があるからです。
ここ数日プライベートで札幌のとある総合病院に入院している友人の面会に伺いました。カーテン越しに女性の怒鳴り声が聞こえてきました。どんな患者が怒っているのだろうとカーテンを開けて見ると、女性看護師が高齢の男性患者に大声をあげていました。女性看護師はカーテンの向こうに私たちがいることを知らなかったようでした。女性看護師が患者を叱責したいきさつは分かりません。患者にも問題はあるのかもしれません。後日友人から、女性看護師は何度も高齢患者を責めるように怒っているという話を聞きました。いまさっき聞いたんですが。
それと、2013年に札幌の病院に入職したばかりの男性看護師が女性看護師にいじめを受けて自殺していますね。stvでも特集組まれて全国初で大きな話題となりましたね。実績がない病院なので有名になっていて驚きました。自殺した男性看護師は吃音障害がありうまくコミュニケーションがとれなかったようで、女性看護師の連中はそれを矯正しようといじめに発展したようです。いじめた看護師はノウノウと仕事をしています。
私は、道外、道内の医療関係者と繋がりがあり、よくバーベキューするので話を聞きます。看護師が忙しいのは分かります。ですが札幌の看護師は札幌以外の看護師と比べると、あまりに感情コントロールが出来ない、ガサツ、患者・家族を人間として扱っていない。こっちの同僚からも札幌は不評ですよ。札幌の看護師は、患者も家族も大切にできない、同僚の男性看護師を自殺に追い込む。女性看護師さん、頭良いのは分かるんですが、もうちょっと謙虚に落ち着いて患者・家族・同僚を信頼して向き合って仕事してください。怖くて身内なんて預けれません。どんな仕打ちをうけることやら。この管理人さんが指摘していることは的を得ています。
Unknown (管理人)
2015-08-26 14:47:25
>>z250ft様

こんにちは。貴重なコメントをありがとうございます。
医療に携わっている方からのお声は大変参考になりますし一つの証明にもなるかと思います。
私が言うだけではなく、そういった関係者の方が言われるのなら説得力もあるでしょうしね。
やはり私の独りよがりな感性ではないんだろうなーと改めて思いますしね。

私も今までに散々、札幌社会特有の悪しき実態を身を持って痛感してきており、札幌社会の病院等の医療関係はどうかと思っておりましたが、ある程度の予測はしていましたが想像以上に酷かったというのが私の感想です。
こういった医療機関が想像以上に札幌社会特有の悪しき性質を発揮されている現場を目の当たりにして肌身で感じた瞬間は相当な危機感みたいなものを感じましたしね。

>>全道、いや全国に実態を公表して欲しいです。

是非したいですね!?
このブログ上で幾ら書き綴っても私やz250ft様のように自分自身が身を持って経験をしないとおそらく誰も信じて納得することができない事柄でしょうからね。
何かいい方法があれば是非とも公表できるようにしたい気持ちは満々です。
医は心 (spike55)
2015-08-27 00:40:59
私も、国家資格職として医療関係には深く関与しています。

知人等のお見舞いの経験を振り返るに…、

札幌市内の病院では、病棟看護師さんと患者・家族・関係者との会話が少なすぎる傾向にあります。

病室内で目が合っても、挨拶不十分。
機械的にベッド対応を済ませ、そそくさと退室。
患者の体調よりも院内ルールを重視(驚)

賛否分かれるところではありますが…、

入院患者へは、治療上の理由から基本的に食べ物の差入れは控えることになっています。

一方で、患者にとって食べ物は楽しみの一つでもあり、柔軟な対応を受けられるケースが結構あります。

給食のメニューを個別調整してでも、差入れを尊重してくれるケースさえあります。それも、病室や病棟内での会話の積み重ねがあってのことです。

しかし札幌では、私の経験の限り、攻撃的な言葉で厳格に差入れを禁じる傾向を感じます。

患者の命や組織を守る観点では正解。
但し、患者の心を慮る観点では、課題とする点を感じます。

医療は技術も大事ですが、技術より前に「ハート」だと思うのは私だけでしょうか。
Unknown (管理人)
2015-08-30 19:32:17
>>spike55様

貴重なコメントを頂きどうもありがとうございます。
札幌社会の医療業界に対する不満、危惧感はかなりの方がお持ちになられている感じがします。
大きければ大きい病院ほど、有名な病院ほど、
札幌社会特有の悪しき性質が深く絡み、発揮されてしまっているような傾向を感じます。
spike55様のおっしゃることもまた一つの証明になるかと思います!
この分野に関してはブログだけではなく、HPにも特集ページ的なものを作成しなければなと思わされる次第です!

spike55様の言われる「医は心」、技術よりも前に「ハート」
まさにそれだと思います。
医療分野に限らずあらゆる分野に通ずるものですしね!
そして札幌社会に一番欠けているものがそれかもしれませんね。
先日のお茶会でも本州出身の参加者様がおっしゃっておりましたが、街の規模や技術に人の性質が準じていないという声がありました。全くその通りです。
どの分野においても札幌という社会性質が追いついていないところが札幌は田舎だと言われる大きな要素になっていることを札幌人にはわからないのです。
札幌の場合は技術以前の問題なんですよね。
同感 (はな)
2015-11-23 15:19:26
すごくよくわかります! 都内在住で医療従事者ですが札幌出身の看護師は人間性を疑いますね
先ずスタッフ間でも挨拶ができません、協調性もなく自己中心的、相手の事情はお構い無し、常識、礼儀、口の聞き方を知りません
和を乱すのが得意ですね 一度上京してきたら帰っても何もやることがないと言って帰郷しないので厄介です
また引き続きこちらのブログを読ませてください
応援してます!
Unknown (管理人)
2015-11-23 17:21:26
>>はな様

札幌からも優秀で能力のある人間、向上意識の強い方から順に本州方面に向かう傾向が強いのですが、そういった方々は一般的には本州に適応し、新たな文化マナー技術、視野思考を吸収し、一人前になっていきます。

しかしはな様のコメントを読んでまた一つ仮説ができました。
看護師という職種は人材不足です。
ですのでどの地域に行ってもある程度は重宝され、企業からも顧客からもある意味でのヨイショヨイショのご機嫌取りをされます。
ですので地域に関係なく個々の札幌ルールをそのまま発揮してしまうのかと思いました。

はな様の言われる挨拶ができないこと、自己中心的なこと、常識礼儀口の聞き方など・・・正に「札幌あるある」です。
こういった札幌ルールは私自身も数え切れないくらいに身を持って経験してきたことでもありますし、過去に読者様と開催をしたお茶会で本州出身者の方が例外なく指摘していたことでもありますので事実でしょう。