嫌札幌~札幌が嫌いなブログ

札幌生まれ、札幌育ち、札幌在住な私が札幌を批判します。札幌嫌いな人集まれ!

【緊急対談!】読者様と石狩市内にて対談をさせていただきました【レポ】

2015年04月17日 19時08分25秒 | お茶会
昨日に当ブログの読者様と対談をさせていただきました!

今回のお茶会参加希望者様の中の一人でもあり、早々に参加が決定されていたのですが急遽、諸事情で参加が難しくなってしまったため個別対談という形で石狩市内の某ファミレスにてお話をさせていただいたのです。

(地理的な事情もありますが、私も読者様も隣の石狩市に札幌にはない確かなものを明らかに実感をしていたため、対談場所を石狩市内にしました)

私のスケジュールの都合で今回は1時間ちょっとのみの対談となりましたが、まぁ盛り上がりましたね!!

私も読者様もファミレスにてスパゲティを頼んだのですが、会話が盛り上がってしまうため中々食事を進めることが出来ず、結局1時間経ってもスパゲティを食べ終えないほどです。

私なんてスパゲティの他にピザまで注文してガッツリ食べようと席上に置いていたのですが、1時間の間に一口も手をつけれず、結局ピザは店員に頼んで急遽お持ち帰りにしました(ここ笑うところ)


対談の内容はもちろん札幌の悪しき実態に関してが中心になりましたが、

「札幌あるある」がまぁ出てくるわ出てくるわ。。。。。

とても1時間程では語りつくすことができず、その場を後にしたのです。



ここからは私個人の感想にもなりますが、まずとても楽しい時間を過ごすことが出来て満足です。

現場で生の声をリアルに聞くことで、より実感すること、再確認をすることが出てきたり、目新しい発見があったりととても勉強になります。

そして私自身も「こんな札幌社会になりたくない!」と思わされましたし、大嫌いな札幌を糧にすることで大嫌いな札幌を活かして頑張りたいと改めて思わされます。

そして後日に控えている札幌が嫌いなお茶会「札幌あるあるVol.2」の開催に向けて頑張ろうと身が引き締まりました。

札幌が嫌いな「札幌あるある」に関して本音のぶっちゃけトークができる私自身にとっても貴重な機会なんだなーと思いましたし、

こうやって経験談、情報を共有する事でとても楽しく癒され「明日を闘う活力」を確かに得ました^^;

2回目のお茶会開催が今から楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉にすることが大切だと思う2 | トップ | 忙しさのピークが終わったかな? »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2015-04-20 18:48:47
うなずける話ばかりです。
札幌生まれ、札幌育ちの自分にとって、
札幌市が今のような品位のない感じになり下がった
大きな原因の一因として、コールセンターの
乱立があげられると思います。

(参考url
http://sccj.info/call-center-column/wake.html


こんな理由で札幌にコールセンターが多く、
またコールセンターを札幌市自体が誘致して
います。

(参考url
http://www.city.sapporo.jp/keizai/biz_info/seido/


一瞬、良い話に見えますが、全く逆です。

・コールセンター以外の仕事が全くないと
いって過言ではないほど、コールセンターだらけになってしまった。

・そもそも、コールセンター自体、大変ストレスの多い職場であり、うつ病になる人、
自殺する人の多い職場である。
(A区にあるコールセンターでも上司からのパワハラが原因で自殺した方がいます

参考url→

http://www.oshimaland.co.jp/

ここA区のコールセンターを探してください。
すぐに出てきます。

こんな職業が中心になってしまった都市で、
都合よくお金をもうけているのは誰か?
コールセンターを運営している会社?
札幌市?

よくよく考えてみてください。
恐ろしい話だとは思いませんか。
コールセンターが心を病む人を増やしています。
なのに、得をしている人たちがいます。

自分の記載していることが偏っているとは
重々承知しています。

理由のひとつじゃないか、と思い
UPさせていただきました。

Unknown (管理人)
2015-04-20 21:49:22
こんばんは。
コールセンターの乱立が札幌の品位を落としたというのは私にとって目新しい発想でしたが、Unknownさんのおっしゃりたいことは理解をさせていただきました。

私も何人かコールセンター経験者の知人がおりますが、まぁ思うことはありますね。
仕事内容が大変なのに加えて職場環境が働きにくければ最悪なコンボになるのですが、それを体現している典型例の業界の一つが札幌市内におかれているコールセンターだと私は感じております。

仕事内容が辛い業種だからこそ働きやすい職場環境を作り上げていかなければいけないのですが、自分中心主義で周囲を気配る余裕の無い札幌社会の札幌人にはそのような意識はまぁないでしょう。
それどころか他者を蹴落としてでも自分が優位に立っていきたいという札幌人らしい戦闘民族的な民度の浅さが顕著に行動になって現れてくるのではないでしょうか。

札駅方面にある某○社で働いている知人に社内の悪しき実態を聞いて教えてもらったときには、「ああ、思ったとおりだな」と本当に思わされましたし、私はそのT社の中を見たことはありませんが「やっぱり札幌社会の職場だなー」と直ぐに思わされました。
仕事内容は辛いのですが、その仕事内容自体にボロボロな苦労をしているわけではなく、職場環境に苦労をしていることが知人の話を聞いているうちにわかってきたからです。

同じく街中中心部にある○社の中で働いている別の知人の方は自分の後輩部下のことを平気で馬鹿扱いしていましたが、「お前がダメだからそいつもダメになったんじゃね?」と思いましたし、上の人間が下の人間の悪口を平然と言う点でその社内の働きにくさ、環境の悪さが安易にわかる札幌社会らしい職場だなーと思わされました。

コールセンターの仕事自体は確かに辛いのでしょう。
入れ替わりが激しく平均寿命が3ヶ月だということも聞いたことがあります。
平均寿命以上に長く続く方の特徴は自分の個性を発揮することに成功しておられる方かと思われます。
(性格の悪さという個性を発揮される方もいるでしょうねw)

仕事が辛いだけで辞めるのかというと、実はそれだけではないと思います。
そこには必ず人間関係という職場環境の負担が入ってきます。
只でさえ仕事内容が辛いという負担に加えて札幌社会特有の働きにくさが加われば並みの人間では参ってしまうのはよくわかります。

お金のために働く、お金のために割り切って仕事をする、それが悪い意味で難しいのが札幌社会だと思っています。札幌社会特有のルール、文化、風潮に必ず巻き込まれて脚を引っ張られてしまうという独特の困難がついてくること、そしてそれは業務にも自分にも何の役にも立たない困難だということが無駄でしょうがありません。
そうやって人は心が貧乏になっていくんだなーと思わされてきました。
コールセンターという業界も札幌の中に入ってしまうと札幌らしい職場環境の典型例の一つになってしまうと思わされます。


改めてまとめさせていただくと、、、

札幌社会は札幌社会である以上は本当に働きにくいということです。

【会社の待遇面、職場の環境面、仕事の辛さ】
札幌以外の道内他地域のブラック労働環境=札幌社会では通常仕様の労働環境

身も蓋もないことを言うかもしれませんが、
仮にコールセンターを辞めて他の職場環境に転職をしても必ずそこでも姿かたちを変えて、ある種の困難さが襲い掛かってくるかと思います。
何故かというと札幌社会は札幌社会である限り「根」は変わっていないからです。


それらに関する対処法、私の経験談、私が思う今日の札幌社会などまだまだ書きたいことはありますが今日はここら辺で失礼します。
Unknown (Unknown)
2015-04-24 11:25:56
レスありがとうございます。

> 仮にコールセンターを辞めて他の職場環境に転職をしても必ずそこでも姿かたちを変えて、ある種の困難さが襲い掛かってくるかと思います。
何故かというと札幌社会は札幌社会である限り「根」は変わっていないからです。


ここ、強く同意します。

自分はもう札幌でこのまま働く気が
全くなくなりました。

コールセンター以外にも勤務経験がありますが
仰る通り、どこも同じです。
最終的に「人間」の質が同じなのです。
それは、女性の方が強く感じますが、
男性の質も似たりよったりです。


どういった対処法があるのか、ご教示いただけるとありがたいです。
Unknown (管理人)
2015-04-24 18:52:20
私から言わせてもらうと札幌社会の第1線で働けるということは(札幌の中だけでは)相当にすごいことです。
本当に社会生活が悪い方向に困難なところだと思います。
さてその対処法も幾つか思いつきますが決して簡単だという保証はできません。

→札幌近郊地域で働く
これが一番簡単かもしれません。
札幌で働いた経験がありましたら、かなり温く感じる可能性が高いと思います。
札幌近郊地域のブラック労働環境=札幌では標準的な労働環境
この法則性は見事に当てはまっていると私は以前から感じています。

→自営業を営み自分で札幌社会に関係の無い土俵を築き上げる
こんな起業アイデアがある!自分にはこんなスキルがある!実行力がある!と思う方は自営業も検討してみるといいと思います。
札幌という土地柄は自営業をするにはかなり向いている地域だと実際にやってみた感想として本当に感じます。
札幌市内、近郊地域を合わせると200万人以上の人口になり、札幌市内の家賃の安さは全国トップクラス(日本一か?)なのだから、他の地域よりも有利な条件が揃っているように感じます。

→一部の特権階級的専門職に就く
(例えば弁護士や医者など誰でも出来ないお仕事)

→公務員orアウトローに走る

こんなところでしょうか?
札幌社会の中で札幌の悪しき風を受けないということは決して簡単なことではないかもしれません。
あまり参考にならなかったらすみません。

最後にもう一つだけ思うことがあります。
札幌社会で札幌社会の悪しき風を受けない札幌市内の中で出来るお仕事というのは基本的に求人誌やハローワーク?など一般的なものには載らないものだと思います。

残念ながら私の力ではここまでしか言うことができません。
時代のせいにしてはいけないのですが、今のご時勢の札幌社会は異常なほどに酷いのではと私は感じています。(札幌近郊他地域はそうでもないw)
札幌社会で働く場合、周囲から貧しさをもらわないことが一番大事だと私は思っています。
心が貧乏になってしまったら何も出来ず、何も進まなくなってしまいます。
ご自分の良心、温かい気持ち、人格を守り、こんな札幌社会に影響されない自分の人生を生きられますよう、ご健闘をお祈りしています。
どうか決して諦めないで下さい。
私もこんな程度の低い札幌社会になりたくないぞ!という思いが頑張る原動力になっています。
がんばりましょうね。