Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日は曇り時々雪。
夜になって、うっすらと積もりました。

作業はバックパッカーのリペア。
フレットが終わったので、今日はナットとサドルを新規作成して行きました。
いつものように、材の大きさを調整し、ナットは弦溝を切り、サドルは両端をスロットに合わせて整形します。




後は、弦を張って、ナット溝を調整。
目的の弦高に合わせて、サドルも整形し、オクターブピッチも合わせて行きました。
オリジナルと新規作成したサドルです。


ブリッジは仕上げが粗かったので、下地調整してオイルフィニッシュしました。
サドルスロットも、いつものように調整。


ナットも整形し、接着しました。


弦を張り直して、最終調整しリペア終了でした。


今日はナットとサドルを製作している間に、ボディーも少し補修しました。
サイドにベンディングした時のしわが出来ていて、折れ目がついたようになってます。


裏から補強を当て、表側を軽く調整し、滑らかになるようにしました。




裏板はバックルきずがあったので、こちらも調整し、仕上げ直しします。


ペグも分解してクリーニング。


弦高も低くなり、ネックも状態がよくなりました。


明日もリペアを予定しています。

今日リペアしたバックパッカーはラベルに弦の指定が書いてあります。


ネックトラブルの原因はテンションの強い弦を張っていたためと思われます。
以外と気にせず弦を選びがちですが、ギターにあった弦をつかうと、楽器に優しくトラブルも少なくなすのですが、、、。

写真はリペアが終わったマーチン、バックパッカーです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« マーチンバッ... クラシックギ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。